人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

津波の被害から逃げる建物の高さはどのくらい必要ですか?

東日本大震災の記録では、津波自体は最大で16m、遡上高は最大で39mのようですね。
遡上高の方の数字を目標にすると高さ40m以上必要になりますが、平地部では20mぐらいで大丈夫ですよね?

●質問者: check01
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 朝霞(あさか)
ベストアンサー

直接の回答にはならないかもしれませんが、津波避難ビルというのがあります。

静岡県地震防災センター/避難地を知っておこう『「津波避難ビル」とは?』 :

http://www.e-quakes.pref.shizuoka.jp/shiraberu/hinan/05/04.html

津波避難ビルは、津波予想浸水区域の中にあるビルのうち、以下の基準を満たすものを選定しています。

・鉄筋コンクリート造又は鉄骨鉄筋コンクリート造の3階建て以上の耐震性のある建築物(予想浸水高が低ければ2階建てでも可)

・日頃から鍵がかかっていない、常に警備員などがいる、屋上に通じる外階段があるなど、緊急時に利用できること

また、こちらも参考になるかとおもいます。

津波避難ビル等に係るガイドライン‐内閣府防災情報のページ :

http://www.bousai.go.jp/oshirase/h17/tsunami_hinan.html

◎質問者からの返答

これは貴重な情報のページの紹介ありがとうございます。

どうも、10メートル超、ビルで言うところの5階6階ぐらいで

十分大丈夫なようですね。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ