人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

1982年に東京大学 荒川泰彦教授らが提唱した「量子ドット」という記事がありました。荒川教授が、量子ドットを発表したのは、どんな媒体で、その反響はどうだったのでしょうか?
英語の記事でもよいので、確実な情報お願いします。できたら書籍がありがたいです。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:コンピュータ 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
ベストアンサー

書籍ではないですが、荒川氏本人の発言が掲載されています。

http://www.zencom-inc.co.jp/sat/2004event/pdf/esakisho01.pdf

1982年に、榊先生と私で量子ドットレーザに関する論文を

Applied Physics. Lettersに発表しました。


http://eco.nikkeibp.co.jp/article/report/20100105/102961/?P=2

「当時はナノサイズの粒子を製造するなんて無理だといわれた。90年代に入って製造方法が見つかり、レーザーなどの分野で研究が活発化した」


「量子ドット研究30年」(参考まで)

http://www.candc.or.jp/kensyo/2010/group_a_arakawa.pdf

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ