人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

顧問弁護士について
会社経営者の方(規模は問いませんし,法人・個人事業も問いません)で,顧問弁護士を持ちたいなと考えながらも,まだ依頼されていない方にお聞きします。
顧問弁護士を依頼する場合にネックとなる事柄,リスクと感じている事柄は何ですか?


●質問者: TK0120
●カテゴリ:ビジネス・経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● あかっころ
●100ポイント

現在のように、高度に多様化、複雑化した社会では、好むと好まざるとに関わらず、さまざまな法的なトラブルに遭遇することがあります。ことに企業活動においては、多くの法律問題に常に直面せざるを得ないことですね。


2 ● you1031931
●100ポイント

まずは問い合わせてみるのが一番です

http://www.vbest.jp/corporate/adviser/

それでは回答になっていないのでお答えします

それは毎月払う契約料金の支出です

利用しない月も毎月払わなくてはなりません

月々払っているとかなりの額になります


3 ● yoda
●100ポイント

やはり雇った場合毎月支払わなければならない契約料金がリスクになると思います。


4 ● ユニ
●100ポイント

↑様と一緒で契約料金がリスクになると思います

やはり問い合わせが1番です


5 ● ニコ
●100ポイント ベストアンサー

顧問弁護士がいればもちろん相談しやすいし、トラブル解決のためにはいいですよね。

でも、いちばん考えなければならないことは弁護士にも

得意な分野と不得意な分野があるということです。

法務関係には強いけれど、ほかは専門外という方が多いのではないでしょうか?


大企業ならまだしも、中小企業は様々な問題を抱えます。

会社だけでなく、経営陣の家庭の問題まで命取りになりまねません。

そうであれば、もし解決できない問題になればその分野の専門の弁護士を探して

最善の方に相談したほうがいいのではないでしょうか?

もう一つは、情報化が進んできたということです。

困ったときはネットで調べられることが増えました。

ここに質問するもよし、

ちょっと調べればわかることが多いですよね。

何人も抱えられるならいざ知らず、

一人だけであれば、固定経費としてはコストパフォーマンスとして

疑問に思います。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ