人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

音楽で言うThirty-two-bar form(AABA進行)の日本語訳(あれば)と語源(必須)を教えてください。

●質問者: 心は萌え
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● airin333
●100ポイント

Thirty-two-bar form=32本の棒じゃないですか?

(yahooで翻訳すると32本のバーフォームとなってしまいます。それをさらに自分で翻訳して。)

◎質問者からの返答

自己解決しました。

いわゆるAABA各 8小節ずつ 32小節からなる楽譜を書くと小節の区切り棒を32本書くところから来たみたいですね。

また、AABAの各小節を4小節づつに区切り

AA'AA'BB'A'A' と細かく分けて 32小節とすることも出来るみたいです。

またこの事からBパートを、AABA進行ではないですが、同等の形式のときに、重要な ミドル8 (中間8小節)と呼ぶみたいですね。

で、このミドル8小節を日本語ではサビとよぶ。という事でだいぶまとまりました。ありがとうございます。

ちなみに、このミドル8小節が盛り上げろ、になるのか、ブリッジになるのかは続く最後のAに依存する。

ということで、同様に日本語で言うサビも、つなぎになるのか、重要な盛り上げパートになるのかは決まっていない。ということで。

全体的にAABAのように、それまでの小節とはひと味違う部分を総じてサビと呼ぶ。という事で まとまりました。

したがって、日本語にすると32小節のパック進行や、32小節の王道進行というのが適訳かとおもいます。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ