人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ミネラルの体内吸収についてですが
水道水やミネラルウオータのミネラル(カルシウムなど)は無機ミネラルなので体内吸収されずに逆にカルシウムは体内で動脈硬化の原因となるという記述があるのですが
本当なのでしょうか。本当であれば純水のようなミネラルの入ってない水を飲まないといけないのですが、、、アドバイスをお願いします。

●質問者: koko24
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● きょくせん
ベストアンサー

動脈硬化にはカルシウム沈着が関連していると言うのは事実です。無機ミネラルというのは……ミネラルと言うのは基本的に無機ですから、多分これはキレート化されていないミネラルと考えて良いのでしょうね。>フェム鉄はヘモグロビンなどに結合した鉄という事で、これをその用語体系では有機ミネラルとしたいと言う事になるのでしょう。

http://vitamine.jp/minera/tetu02.html

ミネラルウォーター中のカルシウムが体内に吸収されないということであれば……鉄などは非ヘム鉄だと2?3%という記述もありますが……体内に存在する血管には作用しようがないと考えてよろしいかと思います。そもそも動脈等へのカルシウム沈着はLDLなどの過多がその切欠となりますから、カルシウムの摂取量よりも脂肪の取りすぎを警戒すべきですし、日本人はカルシウム摂取量が少ないともされている現状であれば水にこだわる必要はないと確信します。


2 ● たけじん

ミネラルウォータに含まれている程度の濃度であれば、全然問題ないと思いますが。有機ミネラルってものをどう定義しているのか不明ですが、体内に吸収される時点で水に浮遊するアルカリ金属イオンですから、出自は関係なしに全て無機ミネラルとして吸収されると思われます。有機物との結びつきは、血液に溶け込んでからの話ですから、そのほかの有機物(普通はアミノ酸でしょうか)の摂取の状況によります。ミネラルウォーターだけ注目しても、あまり意味が有りません。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ