人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

1999年?2000年頃本屋で見た子供向けのホラー小説で、「赤い自動販売機」が出てくる本を知りませんか?
大きさは文庫本ぐらいで、カバーの色は確か緑系、内容はうろ覚えですが子供が真っ赤な自販機を見つけて、
しかし自販機には商品窓も会社のロゴらしき文字も一切なく、私の記憶では確か値段も書いていなくて、
ただお金を入れる穴とボタンと取り出し口のみがあり、お金を入れボタンを押したらジュースは出るものの
赤一色のみで缶には文字は一切記載されておらず、「新商品かな?」と思い飲んでみたら血の味がして、
ゲーっと吐いてしまい、缶からソレがあふれ出て、すぐに警察を呼び、警官が自販機の管理者に聞くと
「朝見たときはこの自販機はなかった。私は知らない」と答え、自販機をこじ開けると中から白骨遺体が
出てくる・・・といった内容だったように思います。
すごく気になるのでもし本のタイトルや作者が分かれば教えていただきたく思います。
まとまりのない文章で申し訳ありませんがご協力よろしくお願いします。


●質問者: life56
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
●100ポイント ベストアンサー

下のコメント欄の内容をググると、同じ内容のあるサイトが見つかりました。

そこのコメント欄に書いてありました。


ということで、これですかね。

学校のこわいうわさ 花子さんがきた!!〈2〉 (BAMBOO KID’S series)

学校のこわいうわさ 花子さんがきた!!〈2〉 (BAMBOO KID’S series)


「なか見!検索」をクリックして目次をみると

自動はん売機の不思議な飲み物 という話があります。

◎質問者からの返答

本当にどうもありがとう!(〃^ー^〃)

すごく嬉しいです!

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ