人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

体力・筋力を付けたいのですが、全く解りません。
どなたか教えていただけないでしょうか。
私は学校へ登下校する時と体育の授業でしか身体を動かさずこれではいけないなと思って質問しました。
学生でも出来るものだとありがたいです。


●質問者: ああああ
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ●

普通に腹筋、腕立てなどをしてみては?

それか重いものを持ったり、何気なく筋肉をつけてることもありますよ(^^)

例えば持って帰っているバッグを持っていることも立派な筋トレですよw

僕は1,5?学校と家が離れているので足がいつもパンパンですwww

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

腹筋腕立てですね分かりました。

やはりあれだけ重いバッグもって登下校するとかしんどいですよね。


2 ● miharaseihyou

一番一般的な、心肺機能と筋力を鍛える意味での体力作りだとしたら、歩くのが一番です。

所謂「散歩」「ウオーキング」です。

ランニングや水泳もありますが、最初から取り組むべき種目ではありません。

先ずはゆっくりと、自分のペースと距離で始めます。

絶対に無理をしないで、気分良く歩ける範囲で「毎日」歩くのがお勧めです。

歩く際のコツとして、一定のリズムで、一定の呼吸で歩きます。

慣れてきたら距離を伸ばします。

体力が付いてきてウオーキングだけでは時間が足りなくなってきたらランニングも付け足します。

また、最後はペースを落としてぶらぶら歩き程度のスピードでクールダウンする方が身体に優しい。

クールダウンの後は、ストレッチして、シャワーで汗を流してワンコース終了です。

それと、靴の幅には注意してください。

靴は幅を合わせて選ぶのが一番の原則です。

デザインを優先して先を細くした運動靴が多いのですが、日本人の場合、幅の広い先の尖っていない靴でないと外反母趾になる可能性が高い。

ハイヒールなど典型例ですが、ローファーや運動靴でも先を尖らせたデザイン優先の靴が多いので、そういう靴は絶対に避けてください。

足の五本の指が素直に真っ直ぐに伸びていない場合は爪先の形や全体の幅が狭い場合がほとんどです。

靴は学校へ行く時に使っているスニーカーでもいいでしょうか。> 基本的にはスニーカーで充分です。

ただ、足の指が、特に親指が内側に傾いていないか注意してください。

成長期には往々に幅の狭い靴になってしまっていることが多い。

逆に運動不足で骨や筋肉の発達が充分でない場合、指の付け根の部分が余るようだと太すぎる靴だということになります。

長さだけでなく幅も合わせるのが良い靴を選ぶ鉄則です。

良い靴は正しい姿勢の前提条件です。

日本は本来「わらじ」や「草履」の文化圏なのですが、明治政府がノウハウ無しに「靴」を導入した歴史から、靴に関しては世界でも有数の後進国なのです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

歩くのが一番なんですね!わかりました。

毎日続けることが大切なんですね。

靴は学校へ行く時に使っているスニーカーでもいいでしょうか。


3 ● gtore

筋トレTV http://www.kintore.tv/ はご参考になりますでしょうか。

たとえば、こんなふう に筋トレの見本が動画で確認できます。^^


筋トレTVは、健康を維持・向上、肉体改造、筋力アップ、シェイプアップなどを目指すための筋トレ方法を動画で学ぶサイトです。

自宅で出来る筋トレのオリジナル実演動画を170種目以上公開(2011年9月現在/YouTubeチャンネル公開分を含む)。

道具なしでできる筋トレ、ダンベルを使った筋トレ、そしてバランスボールやチューブトレーニングなど様々なトレーニングを経験豊かな現役トレーナーが実演・解説しています。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

素晴らしいサイトがあったとは知りませんでした。

動画で確認できるところが特にいいですね。


4 ● たけじん
ベストアンサー

筋力は負荷をかけて、継続的に筋肉を動かすことで付きます。負荷は日常生活でかかっている負荷にプラスする感じです。

簡単なのは、重い物を持って振り回す。階段を速く上る。走る。速度を上げて歩く。つり革につかまらないで電車に乗る。座っているときに足を上げる。いつでも手のひらを左右合わせて、両方から押す。

体力は、継続して長く運動すること。30分以上歩く。エレベータを使わない。エスカレータを逆に進む(これは迷惑だな)。片足立ちを10分以上続ける。

運動をするとともに、食事も気を付ける。バランス良く食べたいところだが、特にタンパク質を取ること。水分を継続的に摂取すること。汗をかいたら電解質をとること。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

継続して動くことが重要なのですね。

日常生活でちょっと意識して行うこともできるのですね。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ