人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

雨天時、路面電車のレールを二輪の車両で横切るとき斜め方向では非常に危険である。なぜ危険なのか?2つ以上の要因で説明せよ。

●質問者: shieeeeen
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
ベストアンサー

車輪の回転にたいして斜めに線路があたることで横からの力が生じる、と、水の存在で摩擦力が低下する→車輪の横滑り→転倒や脱輪(線路へのはまりこみ)がおこりやすいからじゃないですか。

そもそも路面電車のレールが地面からかなりつき出ており、しかも通常の道路の一車線をずっと併走していることをおもいだしてください。(今広島くらいしかないんでしたか、路面電車は。じゃあ突きだしてないかも。)

通常の電車なら、踏切しかわたる場所がなく、その踏切では台でレールをうめこむようにしてあるので、雨の斜めでも横断しやすいです。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ