人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

そもそも、決断をどんどんして物事を一気に前に進めていくような風土も文化も、ニッポンには無い、というのは言い過ぎでしょうか

●質問者: surippa20
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● hysr

企業であれば、そういうところはあります。ベンチャー系の企業は大抵、TOPの即決即断で、物事が決まっていきます。

(大企業や、もともと国営企業などは、遅いですね)


一方で、それ以外の政治などでは、時間がかかってもいいから、ちゃんとみんなで決めよう(多くの意見を聞くことによって、ベターな選択をしよう)、という趣旨のもと民主主義を採用していると思います。

(つまり、スピードよりも、公平性・安全性を重視した結果かと)

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございました。たしかに、震災対応でも公平性は、優先順位が相当高かったように見えました


2 ● たけじん

織田も豊臣も徳川も、坂本龍馬も勝海舟もどんどん進めていった人ですよね。

ときどきそんな人が現れる。

最近だと、本田宗一郎、田中角栄。孫正義もその種類の人。

そんな「カリスマ」的な人があらわれると迎合するという風土では?

他の人たちは、「自分も含めて」中庸中道と思っているから、自分より上の人が現れるのを待っている。居ないと譲り合う状況が続く。

という感じでしょうか。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。政治では田中角栄以降はどんなものなのかと、社会を仕組みを変えていくレベルになると、出現というのか生まれてくる率は100年に数人ぐらいなのでしょうか


3 ● shino_j

地方(国)の文化的や政治的な違いの根源的な原因の考察はこちらの方が網羅感があって面白いです。

エマニュエル・トッド

エマニュエル・トッド - Wikipedia

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございました。少し読み応えがありそうでしたが、参考になりそうです拝見させていただきます

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ