人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

VRRPについて。

VRRPでは、マスタールータが実際のルーティングをする、とあるのですが、そういった場合バックアップルータは本当に待機だけの役割で、帯域や処理速度等は1つのルータの処理能力になるのでしょうか?

●質問者: koime_ryokutya
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● JULY

バックアップルータは本当に待機だけの役割で、帯域や処理速度等は1つのルータの処理能力になるのでしょうか?

です。


ルーター - Wikipedia


複数の回線を束ねるのは、リンクアグリゲーションですね。


リンクアグリゲーションとは【link aggregation】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典


ただ、一般的なリンクアグリゲーションは、対抗する2つの機器間で複数の物理的な回線をつなぐイメージで、例えば、複数の ISP につなぐ場合に使えるか、となると微妙です。


Link aggregation - Wikipedia, the free encyclopedia

Aggregation is also possible at layer 3 in the OSI model, i.e. at the network layer (e.g. IP or IPX), using round-robin scheduling, or based on hash values computed from fields in the packet header, or a combination of these two methods.


一応、L3 レベルでのリンクアグリゲーションもあるようですが、個人的には実際の例を知らないです。


2 ● mizki101

VRRPは優先順位の最も高いものが仮想IPを受け取り、他の機器はそれを監視するという仕様になっています。

多重化して障害に対応する為の仕組みですので、機能として負荷分散することが考慮されていません。

http://e-words.jp/w/VRRP.html

かといって、待機中のルータが勿体ないのは事実なので、IFに余裕があるなら別のルーティングを処理させていても問題ありません。

VRRPがActive-Standbyを取るのはあくまで、VRRPグループ内の仮想IPに対してであって

ハードウェアに対するものではありません。

複数セグメントがあるネットワークで、セグメント毎にマスタールータを変えてVRRPを使えば

ネットワーク全体の負荷分散にする事が可能です。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/NBY/techsquare/20040721/3/?rt=nocnt

WANに対する負荷分散であれば、ロードバランサーやそれに準ずる機能をもったルータを使用します。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ