人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【放射能で人類を滅ぼせるか?】
小説「渚にて」や「霊長類、南へ」、映画「博士の異常な愛情」など、地表が高濃度の放射性物質で覆われ、人類が滅亡する、という設定の物語はかつて多くありました。
ゲーム「Fallout」も、そのパロディと思います。

しかし、現実には、ウラン鉱山であっても、人間が短期間に死滅するほど高レベルの放射線が出ていることはないと思います。
もちろん、ウラン等を掘り出して濃縮し、原発のような狭い地域に集積すれば、それは致命的なレベルになりますが、地球上の人類が居住する地域全体を、ウラン鉱山を遙かに上回るレベルの放射性物質で汚染する、というのは、実際のところ可能なのでしょうか?
単純に考えると極めて困難だと思うのですが、核兵器等による核種変換で、より有害な元素が生まれ得ることまで考えるとあるいは可能なのか、とも考え、質問しました。
試算など頂ければ大変幸いです。

(もちろん、実際に核戦争が起きれば、「核の冬」による気候変動で人類が滅亡しうることはわかっています。あくまで、放射能汚染により、という質問です)

よろしくお願いします。

●質問者: filinion
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●60ポイント ベストアンサー

経済的に採掘可能な量は、あと500万?600万トンと試算されています

経済的に採掘可能な量でこれだけあります。

原爆に使うウラン-235は0.7%なので、4万トン程度あると考えられます。

15Kgあれば、一つの広島型の爆弾に相当するものがが作れるので、広島型に換算して百万個以上を作れますので、かなりの範囲が汚染できます。

http://www.uranus.dti.ne.jp/~yuugeki/genbaku.html


経済的に採掘可能なレベルでの話ですので、それを無視して、さらに深いところから放射性物質を地上に出すことを考えれば、人間が住めなくなるのは確実です。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

仮に100万個の広島型原爆を地球の陸地にまんべんなく投下したとすると、およそ149平方キロごとに一つ投下することになりますね。

日本全土に2536個、東京だけでも14個強という計算。

陸地だけでなく海までばらまく場合には、その30%の量になりますが。

なるほど、かなり生き残るのが厳しそうではありますね。

……ただ、広島は今のところ死の世界にはなっていないわけで。

もちろん、それは放射性物質が希釈されたせいもあるのでしょうから、全世界に100万個もばらまいたら希釈どころではないかも知れませんが。

(しかし、核爆弾って、放射能汚染という観点からすると「汚い爆弾」より恐ろしいものなんでしょうかどうなんでしょうか)

>経済的に採掘可能なレベルでの話

そうですね。

地熱の半分程度は地殻中の放射性物質の崩壊熱だ、とも聞きます。

極端な話、それらのウラン等を全部地表に集めれば、生物が生きていくのは無理でしょうし。

そこまでいかずとも、海水中のウランを取り出す技術が実用化されれば、さらに膨大な量のウランが使用可能なわけで。

そう考えると、かなり可能そうな気もしてきました。

ともあれ、試算ありがとうございました。


2 ● miharaseihyou
●30ポイント

現時点で、一番有害で一番量が多いのが「プルトニウム」です。

ウラニウム原発は不完全なサイクルで運用されていて、その結果貯まり続けるのがプルトニウムです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0

猛毒で、強い放射線を出し続け、半減期も長く、核燃料サイクルの上からも余剰物質です。

これが数万トンでは済まない量貯蔵され、現在も増え続けている。

核種変換による放射能汚染で一番の問題になっているのがプルトニウムです。

核テロリストの標的でもあり、厳重に管理されているのではありますが、蛇の道は何とやらなのは世間の常識。

ソ連の廃棄原潜がたくさん転がっている場所があるとかどうとか・・・。

核兵器を作るには必要な物質ですが、ウラニウムによる核化学反応が多すぎる量を生産してしまっていて、現在も消費するシステムが未整備のまま増え続けています。

だから、地表を核汚染させるのは残念ながら不可能ではないのです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

核テロリストとか旧ソ連の原潜とか、なかなかセンセーショナルで興味深いと思うのですが、政治的な話は手に余りますので私は論じないことにします。

プルトニウムの毒性については議論もあるようですが、量として「数万トンでは済まない量」というのは、一般に言われる量より100倍くらい多いように思います。

http://www.cnfc.or.jp/j/arsenal/index.html

どこの数字なのでしょうか。ガラス固化したものの重量とか?

コメント欄にも書いたのですが、核燃料に使われるウランより、燃やした後できるプルトニウムの方がおそらく有害ですが、量としてどのくらいになるのか、という試算が頂ければと思います。


3 ● kiboshi
●25ポイント

滅びないと思います。

福島の事故で大量の放射性物質が放出されましたが即死者はいませんでした。

福島第一は、幾つもの原子炉の放射能がかなりの割合で放出されたのに関わらず、これで済んでいます。核兵器はこれほど大量の放射能は作れません。核物質の量が少ないからです。

◎質問者からの返答

……「ただちに影響はない」程度の放射能しか出ていない、とも言えますけど。

東海村JCOやチェルノブイリでは、「即死」とまではいかないまでも、致死量の放射線を受けた人はいたわけですし。

(東海村は臨界事故なので放射性物質の汚染とはちょっと違いますが……)

ともあれ、核兵器に必要な放射性物質の量は、原発の核燃料より桁違いに少ない、というのは事実ですね。

喜ぶべきか悲しむべきかわかりませんが。


4 ● vics
●0ポイント

2ちゃんねる軍事板で申し訳ありません。

軍事板初心者質問スレまとめ(FAQ) - 核兵器全般

アメリカとソ連は何故地球を何百回も滅ぼせるほどの核兵器を作ったのでしょうか?せいぜい2,3回滅ぼせる分あれば十分だったと思います。

稼働率の問題と、相手の先制攻撃を喰らっても報復攻撃できるようにするためってのもあるでしょう。

どちらか一方の弾頭数が極端に少ない状態だと「ひょっとすると先制攻撃で息の根を止められるかも(ニヤリ」というヴァカが現れかねませんから。

MADを調べればその辺のことは分かると思います。

(4:214)

ひとつは地球を滅ぼすために作ったのではないからです。さまざまな状況下の戦場で、限定用途を含んで、

さまざまに使うことを考えて作られたため、多種多数の核兵器が作られ、合計すると無用に多いという事情です。

また、ひとつの運搬方法が戦闘時の事情によって無効になっても、必ず100%の破壊力が発揮できるようにするため、

ミサイル用、航空爆弾用、潜水艦用など、何通りもフルセットでそろえる必要があります。

さらに発射ボタンを押したミサイルすべてが目標上で爆発するとは限らないため、ここでも保険をかけて何倍かの数を持つ必要があります。

さらに、旧式化した弾頭にしても、バラすのは費用と時間がかかりますから、何となく在庫、という状況もあるでしょう。

まあ、これだけで必要量の数十倍にはなると思います。また、核兵器は更新もされていきますから、作った量の延べは大きなものになるでしょう。

◎質問者からの返答

一般に、核兵器で「地球を滅ぼせる量」というのは、主として核の冬による気候変動を想定しています。

核の冬を計算に入れれば核兵器で人類が滅亡しうることは私も知っていますが、この質問で聞いているのはそれを除外した、「放射能で」という話です。

質問文の最後の方、カッコ書きでそう書いたのですが……。

根拠がしっかりして論旨が通っていれば、回答が2ちゃんねるの議論の引用でも問題とは思いませんが……。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ