人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

国民年金について見ていたら「付加年金」&「国民年金基金」という言葉にぶつかりました。それぞれどういう制度なのでしょうか?また当方は29歳の厚生年金に入ってるサラリーマンですが、上記2つに加入することは可能でしょうか?教えていただきたいです。

●質問者: noznoz1234
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● うぃんど
ベストアンサー

企業年金連合会のページの図が判りやすいでしょう

http://www.pfa.or.jp/nenkin/nenkin_tsusan/nenkin_tsuusan01.html

全国民が一律に入るのが国民年金

国民年金に加えて、サラリーマンは厚生年金がプラスされている

(プラス部分の半分は企業側が支払ってくれるので安いのだ)

自営業者などは国民年金基金あるいは付加年金をプラスすることが出来る

(プラス分も全額自己負担なので苦しいのは苦しいが、

民間の保険会社などに預ける場合の危険性や低金利と比べると安心感も金利も大きいものがある)

企業によっては青い部分での積み上げがあるけれど、サラリーマンとしてさらに上の年金額を希望するのであれば、民間の年金型保険(金利や税金面で優位)や預金(元金保証)、ファンド(ハイリスクハイリターン?)などでの運用を考えるということになります

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ