人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

本の紙質の修復についての質問です。書店で本を見ていると、経年劣化なのか乾燥しすぎてなのか、新品なのに紙質がバリバリ、パリパリ、もしくはワサワサになってしまっている本をよく見かけるのですが、ああいう状態は、たとえばヤスリで削るなどすれば、少しは修復できるのでしょうか?小口など表面的な部分だけでもできればよいのですが、何か良い方法をご存知の方いらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。


●質問者: 赤亀
●カテゴリ:生活 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou
ベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E6%80%A7%E7%B4%99

紙質の劣化が早い書籍は多く「酸性紙」を使って作られています。

古本屋ではマンガの全巻セット物などで劣化の激しい本の側面を削るなどの化粧直しをしている所もあります。

しかし、専用の機械が必要な上に長期保存では劣化が再開されます。

塩基性のガスで中和することも可能ですが、よほど貴重な本でなければ採算が合わないでしょう。

とりあえずキレイにするにはバイスで圧力を掛けてヤスリで削るという手もありますが、上手に全面均等に圧迫してやる必要がありますし、何れにせよ劣化を止めることは出来ません。

◎質問者からの返答

丁寧な回答ありがとうございます!

そうですね。劣化するのはまあ仕方ないのですが、書店の劣化のスピードと度合いはちょっと異常ではないだろうかと思いまして…とくに対策を講じているわけでもない自分の棚でもあんなふうには全然ならないし、個人的に劣化しすぎた本だと買う気が失せてしまうことが多く、結局買わないということがしばしばなのです。自分で少しは修復できるのであればガッカリすることも減るかなと思い、質問してみました。

参考にさせていただきます。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ