人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

サーバやデスクトップPCの分野では、今後は32bitのCPU、OS、ソフトウェアはなくなっていくのでしょうか?

仮になくなっていくとしたら、上記分野での32bitコンピューティングはいつごろ絶滅するのでしょうか?


●質問者: DQNEO
●カテゴリ:コンピュータ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● NTLTNY

16ビットCPUがWindows95の発売以降、急激に無くなったので。同じようなペースだとすると

12年?15年後ぐらいじゃないかな

1976年インテル8ビットCPU誕生

1978年インテル16ビットCPU誕生

1985年インテル32ビットCPU誕生

2003年 AMD64発売

◎質問者からの返答

なるほどなるほど。

結構移行期間長いんですね。

そして、やはりいつか絶滅するんですね。

絶滅のとどめをさすのはは新OSということでしょうか。


2 ● pascal7
ベストアンサー

不定の将来32ビットのソフトが使われなくなると言うのは確実でしょう。

.

現在16ビットのソフトが少なくなっている段階でしょう。

XPのサポート終了2014年4月8日が目安でなくなって行くでしょう。

.

32ビットの目安はWIndows8の登場とWindows7のサポート終了でしょう。

Windows8の発売は来年(2012)の末でしょう。

7のサポート終了は2015年1月13日、2020年1月14日などが予定で

2020年以前に32ビットのソフトはみないなという世界になると思います。

.

サーバーOSとアプリは、32ビットで使っている人もいるでしょうけど

すでに多くの人は64ビットで使い。アプリも64ビットのものを使っている

例が多いのではないのですか?

私がサーバーをまかされたら32ビットは使いません。

大容量のメモリーが要求される分野でしょう。

◎質問者からの返答

* 32bitがいつか使われなくなるのは確実

* Windows8の登場と、Windows7のサポート終了がキーとなる。

* サーバOSでは多くの人がすでに64bitメインで使っている。

なるほど。

AmazonやNiftyのクラウドサーバでは、今は32bitがありますが、そのうちメニューから消えるかもしれませんね。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ