人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

なんで、うごメモで○○という作者は知ってますか?と言うのが多いのですか?
それはまた、なんで自分の名前なのでしょう?
個人的に寂しいと言う観念と見ていますが、実際のところどんな感じなんでしょうか?
よろしくお願いします。

●質問者: ヒビキ
●カテゴリ:ゲーム 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● うぃんど

いくつかのパターンがありそうですが、

承認要求という概念でひとまとめに説明できそうに思います

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%BF%E8%AA%8D%E6%AC%B2%E6%B1%82

承認欲求は承認されたい対象によって、おおむね2つのタイプに大別される。ひとつは他人から認められたいという欲求であり、もう1つは自分の存在が理想とする自己像と重なるか、あるいはもっと単純に今の自分に満足しているか、という基準で自分自身を判断することである。前者を他者承認と呼び、後者を自己承認と呼ぶ。劣等感の強い人間や、情緒不安定な人間は自己承認が困難だったり、あるいはその反対に過大な自己評価をしがちであることは、よく知られている事実である。また、思い込みが強い人間や被害妄想に囚われている人間の中には、幻想の他者を造り出してしまうために、自分が他者承認の問題であると思っていても、実際には自己承認の問題であるという錯誤がしばしば発生する。

また、承認欲求は、どのように認められたいのかという『認められ方』の違いによっても、おおむね3つのタイプに大別される。ひとつは上位承認で、自分が他人よりも優位な関係で認められたいという欲求である。こうした欲求を抱える人間は、極度のナルシストか、あるいは他者に対して強い猜疑心や被害妄想を抱えているケースが多い。つまり、他人が信用ならないから他人を支配する存在として振る舞いたいか、あるいは自己を過大に評価した帰結として、自分が他人より優れているのは当然であると考えなければ、上位の存在として認められたいとは思わない。

もうひとつは対等承認で、これは呼んで字の如く他人と自分の関係が平等であることを望む欲求である。これは、「人並みに認められたい」と考える劣等感の持ち主にしばしば見られる欲求である。そして、最後のひとつである下位承認は、自分が他人から蔑まれたい、あるいは吹けば飛ぶような存在だと思って欲しいという欲求で、被虐的な性癖のある人物や、社会的・道義的な責任を背負いたくないと考える人間、そして他人に依存したい、保護されたいと思っている人間が抱きがちである。

承認欲求は以上のように分類可能であるが、現実の人間はこれほど単純ではない。たとえば、強い上位承認欲求を持っている人間が、わざとへりくだった態度をとって相手に優越感を持たせ、そのことで他者の感情をコントロールしよう、といった行動を採るケースは非常に多い。これと類似のケースとして、病人や怪我人であること、あるいは不幸な環境に置かれていることを大げさに吹聴することによって、他人からの同情や歓心をかう(承認される)ケースなどが挙げられる。

誰がどれと言い出すと個人に対する批評になってしまうので、以上で察して欲しいと思います


ヒビキさんのコメント
やっぱり、本能って言ったら大げさですが、他人の目は気にしますもんね。 それが大きく膨らんだというものなんでしょうか。 ご回答ありがとうございました。参考にして見方を変えていきます。

2 ● 黒羽(くろう)
ベストアンサー

僕の場合は、自分がどんな風に見られているか(イメージ)とか、僕の事をどんな人が知っているのかな?など気になるからです。

周りの人から見たら見苦しい部分などもあるかもしれませんがやっぱり気になるのです。

僕の場合だと、宣伝が目的ではないので「宣伝だw」とか、そういう目で見られるのは嫌です。


3 ● Nacchi

私のことを知ってくれ!

と、宣伝したいのではないですか?

人気になりたい!

閲覧数増やしてランキングあげて!

など要するに欲ですね。

リクエストありがとうございます。

別にそんな質問はしたことないですが、

役に立てれば幸いです。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ