人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

AはBから所有のたてものを買受したが、AB間の契約締結前からの隠れた瑕疵があって
Aが自腹をきって修理。Bに対して損害賠償請求をしようとおもう。
請求が認められるには、どのような要件が必要ですか?

●質問者: メテオ
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 多食斎友好=世田介

契約前に双方が「瑕疵」を確認し、Bが負担する事が書面に、明記されていれば問題はありませんが、Aが見逃して、契約したのであれば、請求は難しいかも。

買受直後(年月日入り)の証拠写真があった場合ば、交渉しだいと言う事になると思います。

それ以外は、1 買受後、Aが損傷した。

2 Aの好意で(勝手に)修理した。

3 謂れのない言いがかり(修復済みなので、修理業者の領収書などの証拠証明が必要になるかも)

等、を言われ、泣き寝入りにならないとも限らない。

http://q.hatena.ne.jp/Dummy


メテオさんのコメント
よくわかりました。損害賠償を請求するより長い付き合いになるということを頭に入れ、うまく渡っていきます。 私は、少しでも設けることを考えて人のあらを探すおろかものでした。 的確なご回答ありがとうございました

2 ● Lhankor_Mhy
ベストアンサー
  1. Aの隠れたる瑕疵発見から1年以内であること。
  2. Aが善意無過失であること。
  3. 時効(取引から10年)が成立していないこと。
  4. 売買契約などでBの瑕疵担保責任を免責していないこと。

あと、隠れたる瑕疵を発見したことについてBに確認させることと、損害賠償の額を契約の目的を達する費用の範囲に納めることは、当然ながら必要です。


瑕疵 - Wikipedia


多食斎友好=世田介さんのコメント
正確ですね!
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ