人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「米連邦債務、年末までに再び法定上限に近づく恐れ」という記事が数日前のロイターに掲載されていました。8月にアメリカは国債発行額の上限を引き上げたはずですが、なぜ再び、上限に近づいてしまったのですか。又、今回、債務上限に近づいた場合、どのような事が起こりますか?

●質問者: kousuketoyuusuke
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou
ベストアンサー

元々アメリカ連邦政府はタコの身食いのような借金財政で、デフォルトを避けるために債務上限の引き上げを行って当座を凌いだが、財政健全化の前提となる歳出の削減をほとんど行っていない。

あの大統領は使うのが好きな質らしいから。

借金の元金が増えるのだから償還に必要な資金は雪だるま式に増えている。

しかも景気の悪化により税収の落ち込みが顕著になって、一気に切羽詰まった。

日本も似たようなモンだが、あっちの方が事態は深刻らしい。

双子の赤字を抱えていることやヨーロッパの金融危機もアメリカ国債の利回り(資金調達コスト)に影響している。

従って、アメリカ国債は今のうちに損をしてでも売り飛ばした方が怪我が少ない商品になりつつある。

法案さえ通ればいくらでも上限引き上げは出来るが、それだけ資金の調達は困難になるので、いつ破綻(デフォルト=債務不履行)してもおかしくない状態に徐々に近づく結果となる。

円高が止まらないのはそういうわけだが、アメリカがデフォルトに陥ったら日本も長くは持たないと思う。

かなり大量のアメリカ国債を官民で保有しているので、倒産する会社や破綻する基金などが続出するだろう。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ