人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

子どものお金の使い方について

小学五年生の娘が習い事の交通費などを虚偽報告しマンガを買ってベッドの下などに巧妙に隠していました.その額2万円.発端は祖父からもらったお小遣いを黙っていてそれで思うようにマンガを買えたことから始まったようです.(その時のお金で買ったものが半分です)

嘘をつくこと,お金を誤摩化してとるようなことをしたこと,隠すこと,いろいろな問題はありますが,今回はお金に関してのしつけについてお聞きしたいです.

一度ずれてしまった金銭感覚.
お金の大切さをどうやったら理解しやすく教えられるでしょう.

子どものお金の使い方.皆さんはどのようにお話をしていますか?
例えば,家計の収支などを話していますか?



●質問者: かなで
●カテゴリ:学習・教育 人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● mafumafuultu
ベストアンサー

ただ一方的に「ダメ!」と言ってしまうと

こどもはその場しのぎのハイで終わってしまうかもしれません。

なので今回の「お金に関してのしつけ」のケースでは

「もし、(こども)が家のお金を好き勝手に使い続けたらどうなると思う?」と優しい感じで問いかけ子供に考えさせます。

この時注意することは、「考えることを放棄させない、相手に答えを言わせる」ことです。

たとえ、子供が間違った答えを言ったとしても、答えている途中で中断せずに全部聞いてください。

反論するときにはあまり感情的にならずに、逃げ道が無くなるように反論します。

繰り返しているうちに、いい答えが返ってきたら

「今、自分でそういったんだから、しっかり守りなさいね」といった感じで終わります。

「あれをしなさい、これをしなさい」ではこどもは嫌な感情を持ってしまいます。

納得させるためには、「考えさせる」ことが一番ではないかと思っています。


かなでさんのコメント
ご回答頂きましてありがとうございます. お金というのは魔物みたいですよね. 子どもにとっては自由に欲しいものが手に入る魔法のツールみたいなものなのかもしれません. 大人でさえもコントロールが難しいので,今のうちからしっかり自分のとっている行動が一体どういうことなのか,ということをこれを機にしっかり考えてもらうようにアプローチしてみようと思います.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ