人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「放蕩息子」や「やる気の無い若旦那」を主人公にした、優れた小説・ノンフィクション・落語・映画などをご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

●質問者: chiffonpower
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● gtore

まんまこと (文春文庫)

まんまこと (文春文庫)

おすすめです。^^
続編「こいしり」「こいわすれ」も出ています。

しゃばけ (新潮文庫)

しゃばけ (新潮文庫)

「しゃばけ」シリーズも該当しますね。


chiffonpowerさんのコメント
アマゾンでみたら「しゃばけ」の方が面白そうだったので注文しました。

librosさんのコメント
横から失礼します。 しゃばけの若旦那は、やる気(労働する意欲)はあると思います。極度の病弱と家族の過保護で働けないだけで…。でも働かない若旦那といえば彼を連想するのは良くわかります^^

2 ● gtore

狂王の庭 (角川文庫)

狂王の庭 (角川文庫)

「この庭をあなたに捧げる―。」昭和27年、東京都下国分寺。広大な敷地に、全財産を投じてルートヴィヒ二世さながら華麗でシュールな西洋庭園を造った異端児・青爾。妹の婚約者である彼に惹きつけられる美しい人妻・沓子。没落する華族社会を背景に、虚無と孤独と耽美の極地で、激しく求め合う男と女を描ききった、世紀の恋愛巨編。

いかがでしょう。
個人的には好きですね。^^


3 ● nawatobi_penguin

古典ですがこの三作を思いつきました。
女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)
芝浜 - Wikipedia
芝浜は人情噺でハッピーエンドです。
紙屑屋 - Wikipedia


4 ● libros

仁木英之『僕僕先生』

僕僕先生 (新潮文庫)

僕僕先生 (新潮文庫)

主人公・王弁のヘタレっぷりがいいです。


5 ● libros
ベストアンサー

芥川龍之介「杜子春」

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

こちらで読むこともできます。
芥川龍之介 杜子春 - 青空文庫
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/170_15144.html


chiffonpowerさんのコメント
リブロスさん、たくさん回答ありがとうございます。少しずつ読んでみます。 杜子春、良いですね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ