人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

生物の進化の歴史の中で、(1)抗原抗体反応による免疫作用、(2)神経伝達物質による体内・同族内のメッセージ伝達は、いつごろから、どのような生物の発展の段階で生まれたものかを教えてくれる信頼性のあるホームページをご紹介ください。


●質問者: ShinRai
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kodairabase
●50ポイント

(1)軟骨魚類 http://www.biological-j.net/blog/2008/01/000369.html


2 ● ニャンざぶろう
●50ポイント ベストアンサー

(1)抗原抗体反応による免疫作用は、
軟骨魚類から明確化するような獲得免疫とは別に
>下等な脊椎動物では「コピー」のシステムが、一方ヒトなどでは「切断・再結合」のシステムが抗体の遺伝子の形成と多様化に使われている。
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2007/x0.html
ということで明確ではないようです。
http://www.biol.s.u-tokyo.ac.jp/users/meneki/nonakaken/research/research.html

(2)神経伝達物質による体内・同族内のメッセージ伝達
http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/18770054/2007/3/ja
にあるように神経系を形成するヒドラにおいても多様な伝達系ポリペプチドがあり
それ以前に遡る研究中のようです。


ShinRaiさんのコメント
ありがとうございました
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ