人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

大脳皮質のウェルニッケ野は、ニューロンでできているのですか、それともグリア細胞でできているのですか。もし両方が混じっているのだとしたら、それぞれの果たしている役割を教えてください。

●質問者: ShinRai
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kodairabase
●50ポイント

両方でできています。
一つの神経細胞からは、長い「軸索」と、木の枝のように複雑に分岐した短い「樹状突起」が伸びています。これらの突起は、別の神経細胞とつながり合い、複雑なネットワーク「神経回路」を形成しています。神経細胞は、細胞体と軸索と樹状突起で一つの単位として考え、「ニューロン(神経単位)」と呼ばれます。
グリア細胞は、神経細胞を支えたり、栄養を供給したりして神経細胞の働きを助けています。最近、グリア細胞は神経成長因子や栄養因子などを分泌しており、神経細胞の維持さらには再生にとって非常に重要であることがわかってきました。
http://www.new-agriculture.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=44131


ShinRaiさんのコメント
参照されているリンク先は、いまひとつ、的外れであるし、信用できない気がしますが、いかがなものでしょうか。

2 ● ニャンざぶろう
●50ポイント

大脳皮質はカラム構造をとりますが、それにはグリア細胞も含まれますよ。
http://www.mbs.med.kyoto-u.ac.jp/cortex/1_introduction.pdf
http://www.med.kobe-u.ac.jp/anato1/education/index_assets/%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E8%AA%B2%E7%A8%8B%E3%83%BB%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E8%A7%A3%E5%89%96%E5%AD%A6%E7%AC%AC4%E7%AB%A0.pdf

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ