人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ある物体を、物体の周囲360度から、カメラで撮影しようとしています。
10度ずつずらしていき、36枚の写真をとりたいです。
この場合、カメラ以外に、どのような機材を使えば可能でしょうか?
個人で購入、またはレンタルできる機材がありがたいです。
(カメラを固定して、物体を回転させる方法は不可です)

●質問者: loopring
●カテゴリ:生活 家電・AV機器
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● Cherenkov
●100ポイント

三脚、紐、CD。

撮影時はカメラを三脚で固定する。
CD(または円盤状のもの)に角度の印を付けて、中心から紐を伸ばして撮影ポイントを決める。


loopringさんのコメント
なるほど。 比較的、手軽にできそうですね。

2 ● ShinRai
●100ポイント

http://books.google.com/books/about/%E5%86%99%E7%9C%9F%E7%B5%B5%E5%B7%BB%E6%8F%8F%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%A2%E7%A5%9E.html?id=ahzBAAAACAAJ

物体を回転できないということは、貴重な土器や壷のようなものを撮影するのでしょうか。

http://www.mcart.jp/youokoshii/osoru/osoru_16.htm


その分野では、小川忠博というカメラマンが、30年くらい前から、スリットカメラを使って連続撮影する技法で撮影しています。縄文土器やギリシャの壷のほかに、電車を一編成途切れないで撮影するということも行なわれています。


お望みの回答になるかどうかわかりませんが、手法としては、スリットカメラを使うというのが答でしょう。

小川忠博氏は、今も東京都文京区在住で仕事を続けておられますから、相談してみてはいかがでしょうか。それが一番早いと思います。


loopringさんのコメント
「スリットカメラ」「小川忠博氏」について、お教えいただきありがとうございます 撮影の目的としては、先日Autodeskから発表された「123d catch」ベータ版(http://www.123dapp.com/catch)用の画像を作成するためです。 当初、三脚でフィギュアなどを回転台にのせ、回転させて撮影した画像を用いたところ、カメラを動かして、物体の周囲から撮った画像でなければならない旨のエラーが出たため、撮影方法について、質問させていただきました。 123D Catch - Create Your Own 3D model: Planning your shoot http://www.youtube.com/watch?v=7TfXXJxDsXw&feature=player_embedded この動画を見ると、フリーハンドで撮影した画像でも問題ないようですが、最低限三脚を用いて、sebleさんの「床に円を描き角度ごとに印を付けて、その上で三脚を移動させていく」形で撮影したいと思います。

3 ● seble
●100ポイント ベストアンサー

どの程度の物体か目安が無いので何ともですが、周囲360度にレールを円形に敷きトロッコ状の車両の上にカメラを載せて撮影できると思います。
物の大きさにより、レールを模型から実物列車レベルまで変更します。
もっと安直に行くなら、円形のカーテンレールを工夫するとか、単純に床に円を描き角度ごとに印を付けて、その上で三脚を移動させていくだけとか、、


loopringさんのコメント
ありがとうございます とりあえず「床に円を描き角度ごとに印を付けて、その上で三脚を移動させていく」形で撮影したいと思います。

4 ● くまさん
●100ポイント

サイズが知りたいです 駅舎とタバコ大ではことなるでしょうから


loopringさんのコメント
ひとまず、身近にあるフィギュアなど、小さなものを撮る予定です 「床に円を描き角度ごとに印を付けて、その上で三脚を移動させていく」形で撮影したいと思います。

5 ● miharaseihyou
●100ポイント

かなりの大物を固定したまま正確に精密に撮影するとしてお答えします。

http://www.bildy.jp/laser/c1208/

こういった工事用のレーザー計測器で周囲をマッピングして、ピンポイントに撮影点を決定し、測量しながらカメラを設置して撮影すれば、かなりの高精度で撮影が可能です。
ミリ単位で測量できます。

もちろん最低でもカメラ用の三脚は必要です。
角度や高さの微調整にギヤ雲台とギヤ付きの上下動可能な三脚が使いやすいと思います。

manfrotto 雲台 ギア付きプロ雲台 405

manfrotto 雲台 ギア付きプロ雲台 405


【当店限定ポイント5+1倍!?11/15迄】_[耐加重9kg]ベルボン ジオ・カルマーニュN830 三脚 脚のみ『1~3営業日後の発送』600mmF4超望遠や大・中判カメラにも余裕で対応できる超大型3段カーボン三脚

【当店限定ポイント5+1倍!?11/15迄】_[耐加重9kg]ベルボン ジオ・カルマーニュN830 三脚 脚のみ『1~3営業日後の発送』600mmF4超望遠や大・中判カメラにも余裕で対応できる超大型3段カーボン三脚


マクロ撮影用のスライダーが撮影点の微調整に使えると思います。

【送料無料!・代引き手数料無料!】《新品アクセサリ》 HAKUBA 2ウェイシフター(HCS-10)〔メーカー取寄品〕

【送料無料!・代引き手数料無料!】《新品アクセサリ》 HAKUBA 2ウェイシフター(HCS-10)〔メーカー取寄品〕


三次元で正確な撮影位置、撮影角度、撮影倍率を求める場合の撮影になります。
カメラは一眼レフで、レンズは単焦点を使うべきだと思います。
また、カメラの位置が動くのを防止するためにレリーズは必需品です。
どの程度の解像度と距離で撮影するかで機材の選択が違ってくると思います。

ただし、それほどの精度が必要なく、それほど大物でないのなら、
?コンパネが二枚と固定用の角材が四本。
これで二畳のフロアが作れます。
?コンパネを角材に釘で留めて、角材の下にスペーサーを挟んで微調整。
レベルで見ながら水平出しをする。
?ヒモと鉛筆で円を描いて36分割し、対象物を中心において撮影する。

どれくらいの精度が必要かで予算が違ってきます。
平らに見えるフロアでもかなり傾いているので、できるだけ正確で水平な平面を作れば後が楽になります。


loopringさんのコメント
詳細で、専門的なご回答、ありがとうございます >?コンパネが二枚と固定用の角材が四本。 >これで二畳のフロアが作れます。 >?コンパネを角材に釘で留めて、角材の下にスペーサーを挟んで微調整。 >レベルで見ながら水平出しをする。 >?ヒモと鉛筆で円を描いて36分割し、対象物を中心において撮影する。 上記の手順が、大変参考になりました
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ