人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「ノマドワーキング」「ノマドワーカー」という言葉の言い出しっぺは誰でしょうか。出典もしくは根拠となる記載とともに教えてください。

●質問者: 松永英明@ことのは
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kanan5100
●100ポイント ベストアンサー

2001年の「ナレッジマネジメント研究年報」第3号という雑誌に、
野村 恭彦、荒井 恭一「知識経営に向けての「活力ある個」と「ダイナミックな場」の効用」
という論文が掲載されています。
http://kms.jpn.org/archive/ab_no3.pdf

この論文の中で「ノマド型ワーカー」という言葉が使われており、

「意識」も「行動」も創造的かつインタラクティブなワークスタイルを実践している人をノマド型ワーカーと呼ぶことにした。

とあるので、この論文が出典なのではないかと思われます。

著者の野村恭彦氏は、「富士ゼロックス株式会社KDI シニアマネジャー。東京工業大学SIMOT特任准教授、国際大学GLOCOM主幹研究員。工学博士」という肩書きの人物。荒井恭一氏は「知識経営コンサルタント」だそうです。


松永英明@ことのはさんのコメント
ありがとうございます。「呼ぶことにした」というのは野村氏の造語ということですね。 このリサーチでのワークスタイルとしては、ノマド・エージェント・アナリスト・キーパーの4種類に分けている、というのも面白いところです。

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ