人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

古典について。
明日、古典のスピーチがあるのですが・・・
●軍記物語・平家物語について
●随筆・枕草子について
●随筆・徒然草について
文学の特徴などについておしえてください。
(スピーチは30秒ほどです)


●質問者: 奈々倉 蓮
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 朝霞(あさか)
ベストアンサー

こういう時こそウィキペディアを活用しましょう。
引用部分は全てウィキペディアからのものです。

平家物語 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%AE%B6%E7%89%A9%E8%AA%9E

『平家物語』(へいけものがたり)は、鎌倉時代に成立したと思われる、平家の栄華と没落を描いた軍記物語である。

保元の乱・平治の乱勝利後の平家と敗れた源家の対照、源平の戦いから平家の滅亡を追ううちに、没落しはじめた平安貴族たちと新たに台頭した武士たちの織りなす人間模様を見事に描き出している。和漢混淆文で書かれた代表的作品であり、平易で流麗な名文として知られ、「祇園精舎の鐘の声……」の有名な書き出しをはじめとして、広く人口に膾炙している。


枕草子 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%95%E8%8D%89%E5%AD%90

『枕草子』(まくら の そうし)とは、平安時代中期に中宮定子に仕えた女房清少納言により執筆されたと伝わる随筆。
日常生活や四季の自然を観察した「随想章段」、作者が出仕した中宮定子周辺の宮廷社会を振り返った「回想章段」(日記章段)など多彩な文章から成る。
作者の洗練されたセンスと、事物への鋭い観察眼が融合して、『源氏物語』の心情的な「もののあはれ」に対し、知性的な「をかし」の美世界を現出させた。


徒然草 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%92%E7%84%B6%E8%8D%89

『徒然草』(つれづれぐさ)は、吉田兼好(卜部兼好、兼好法師、兼好)が書いたとされる随筆。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』と合わせて日本三大随筆の一つと評価されている。
兼好の思索や雑感、逸話を長短様々、順不同に語り、隠者文学の一に位置づけられる。兼好が歌人、古典学者、能書家などであったことを反映し、内容は多岐にわたり、また、兼好が仁和寺がある双が丘(ならびがおか)に居を構えたためか、仁和寺に関する説話が多い。


あとの肉付けはご自身でなさってください。


2 ● gtore

それでは、わたしはコトバンク(kotobank.jp)から。
その作品の特徴をとりわけよくあらわすことばは、太字にしました。

◆平家物語

鎌倉時代の軍記物語。流布本は12巻に灌頂巻(かんじょうのまき)を加えたもの。信濃前司行長(しなののぜんじゆきなが)が作ったと徒然草にはあるが、作者・成立年ともに未詳。治承?寿永期(1177?84)の動乱を、平家一門の興亡を中心にとらえ、仏教的無常観を基調に流麗な和漢混交文で描いた叙事詩風の作品。平曲として琵琶法師によって語られ、後世の文学に大きな影響を与えた。治承物語。平語。

http://kotobank.jp/word/%E5%B9%B3%E5%AE%B6%E7%89%A9%E8%AA%9E

◆枕草子

平安中期の随筆。清少納言作。長保2年(1000)ころの成立とされる。作者が一条天皇の中宮定子(ていし)に仕えていたころの宮仕えの体験などを、日記・類聚(るいじゅう)・随想などの形で記し、人生や自然、外界の事物の断面を鋭敏な感覚で描く。源氏物語と並ぶ平安女流文学の双璧(そうへき)とされる。

http://kotobank.jp/word/%E6%9E%95%E8%8D%89%E5%AD%90

◆徒然草

鎌倉時代の随筆。2巻。吉田兼好著。元徳2?元弘元年(1330?1331)ごろ成立か。随想や見聞などを書きつづった全244段(一説では243段)からなる。無常観に基づく人生観・世相観・風雅思想などがみられ、枕草子とともに随筆文学の双璧(そうへき)とされる。

http://kotobank.jp/word/%E5%BE%92%E7%84%B6%E8%8D%89
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ