人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

銀行間の振込手数料は、電話の接続料のように振込元の銀行側が振込先の銀行に支払うものなのでしょうか?回答は、引用つきで確実な情報でお願いします。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Yoshiya
●100ポイント

銀行間の取引は全国銀行協会の全国銀行データ通信システム(全銀システム)を介して行われるので、手数料は一件ごとでは無く、全銀システムの利用料として全国銀行協会に支払われていると思います。
(全銀システム利用料は非公開の様です。)

全国銀行データ通信システム(全銀システム)

企業間あるいは企業と個人・政府等との間の資金決済には、振込がよく利用されますが、この振込などの国内の為替取引を銀行間で担うのが「全国銀行データ通信システム(全銀システム)」で、全銀協が設立した「一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク」が運営しています。

全銀システムは、昭和48年4月に発足したオンラインのデータ通信システムで、都市銀行から農業協同組合まで民間金融機関のほぼ全てが参加しており、1日平均約550万件を超える取引(取扱金額:年間2,600兆円)が行われるなど、わが国の決済システムの中核として大きな役割を果たしています。

このように多額の資金決済を行う全銀システムでは、センターを東西(東京・大阪)に設置するとともに回線を多重化すること等で、運営の安全性を高めています。

また、加盟銀行は、受取額と支払額の差額を毎日決済していますが、万一、決済資金の不払いが発生しても為替取引に影響が出ないように、支払額から受取額を差し引いた「仕向超過額」の限度額をシステム上で管理するとともに、加盟銀行からこれに見合った担保・保証を受け入れることで、万一の際にも対応できる体制を整備しています。

世界的にみても、振込依頼をリアルタイムで処理し、当日中に決済が完了する大規模なシステムをもっている国は見当たらず、全銀システムは高い評価を受けています。

一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク


isogayaさんのコメント
なるほど、手数料はよくわからないのですね。もう少し情報はないでしょうか?
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ