人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

正三角形の周りの長さを考えます。
1辺の長さをXcm、周りの長さを
Ycmとして、XとYの関係を式に表すと
Y=□×□になります。
□に当てはまる数や言葉を書きましょう

という問題がありました。
□に当てはまる数や言葉と
その理由を教えてください。
お願いします。


●質問者: reichan99
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● sami624

Y=3×X(1辺の長さ)
正三角形は三辺共に長さが等しい図形ですから、何れか1辺の長さの3倍が周囲の長さになります。


2 ● うぃんど

答えを書くのは非常に簡単なのだけど・・・

グググッと堪えて、ヒントだけ書きます
(問題やヒントを考えるほうが実は難しいのだ!)

正三角形の三辺の長さは同じですよね?
それぞれ何センチメートルですか?


3 ● スパロウ
ベストアンサー

正三角形の周りの長さというのは、3つの辺の合計です。


Y=X×3になります。


分かっていることに、Yが周りの長さだということと、正三角形だということです。正三角形ということは、どの辺も同じ長さです。仮に、Xが2だとしたら、2×3=6で、6が=Yになるのです。


結論

最後の□は辺の数。Y=□×3で、最初の□には、辺の長さ=Xである。


reichan99さんのコメント
分かりやすく説明してくれてありがとうございます。

4 ● mafumafuultu

Y= X × 3 か Y= 3 × X
のどちらでもOK

正三角形だから辺の長さは全部同じで、その辺が3本あります
正三角形だから同じ長さ Xcm の辺が ×3 本 です

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ