人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アンケートでも聞きましたが、英語は文系ですか、理系ですか。

英語についていろいろと教えてください。

●質問者: ぱんだ
●カテゴリ:学習・教育 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● seble

文系に決まってる。文字、文学系が文系。英文、英文学。


miharaseihyouさんのコメント
でも、それはなぜ? これは学習指導要領にも言える欠点なんだが、文系とか理系とか大雑把な範囲で分類しようとしているけど、基本的な考え方が曖昧なんだよね。

sebleさんのコメント
理由は無い。単にそのように区別しているというだけの事。 なぜ国語と呼ぶ?厳密に言えば日本民族語とか、日本標準言語とかだろ?国語ではアメリカ国語も含まれるし、しかし一般に言う場合は含まないし、、、慣例。 あいまいでも仕方ない。この世は混沌w

2 ● ユウタ(*`ω´)

文系ですね。
私の高校では文系を選択した人は「古文読解」か「英語ライティング」のどちらかを選びますし。理系は基本理科と数学ですね。


3 ● miharaseihyou

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E8%A8%80%E8%AA%9E

英語は音声を言語化したコミュニケーションツールです。
日本語と比べて発音の幅が広いのですが、一々定形に当てはめるよりも音をイメージとして捉える方が分かりやすい構造を持っています。
犬の鳴き声で「バウワウ」とか、柴犬の鳴き声じゃあありませんね。

http://okrchicagob.blog4.fc2.com/blog-entry-55.html

言葉と概念の関係を考える時、日本語は概念の言語に近いと思えます。
中国語は概念優先ですね。
漢字が元になって意味を定義している。
一つ一つの言葉をユニットとして捉えていると思えます。

このように、英語について考察する時、哲学的な思考になってしまうので、英語は文系の範疇なんだと思います。
一つ一つの単位を極限まで単純化した世界で客観性を担保しようとする試みが理系の世界の根底にはあると思います。
数学の数字や符号など典型例でしょう。
もっとも、文系の世界でも客観性を重視すると、意味の定義を厳格にして意味の範囲を局限まで狭めるのですから、同じような事をしていると言えるのですが。


4 ● schytayler

英語が文系か理系かは、「あなたが英語をどう扱うかによります。」というのが答えです。

単に学校の試験で点がほしいだけなら、学校の分類に従い、文系だと考えれば良いでしょう。ところが、日本人が英語を実用するとなると、特に口語では、英語のリズムと発音を習得しなければなりません。そのためには日本語の発音では使わない筋肉の動きを練習することになるので、もはや文系でも理系でもない体育です。一方、英語の文法/語法/音声(=物理現象)などなどを学術的に分析・体系化するとなると、体系化する際に数学的にも思考することになるので、理系の要素を含み始めます。

以上の理由により、英語が文系か理系かは、「あなたが英語をどう扱うかによります。」


5 ● gtore
ベストアンサー

文系と理系は、基本的にはつぎのように定義されます。

文系とは、主に人間の活動を研究の対象とする学問の系統とされており、理系とは、主に自然界を研究の対象とする学問の系統とされている。有意な成果や果実を得るためには総合的な知見や能力が重要であり、社会における重要度に違いはないが、実際には社会でしばしば「文系」「理系」の区別は利用され、性向や思想信条の差、男女の差、年収の差に有意な違いがあるなどと論じられることがある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E7%B3%BB%E3%81%A8%E7%90%86%E7%B3%BB

ただ、文系と理系という区別は、近代から引き継がれてきた考えかたであり、
学問をふたつに大きくわけることには限界がある、とする向きはありますね。

しかしながら文系と理系は、研究上の視点から見れば、歴史的な事情によって形成された便宜的な分類である。実際に事物を深く学修・研究しようとすると、文系と理系という二者択一の区分法に、限界が見て取られることは多い。西洋においては、学問分野は、伝統的に自然科学・人文科学・社会科学の3つに分類されており、また、この3分類以外の分類も多く見られる。


しかしこれらをふまえても、英語、英語学は文系だと思います。
英語学は、言語学であり、人文科学だからです。
「自然界を研究の対象」としていないから、です。

同じような質問がありましたので、ご紹介します。

「英語」という言葉の中には、もちろん所謂「英会話」というのが入るわけですが、英会話にしても、実は受験英語って大事なのですよね。
「英会話」は、文系とか理系とかいった枠に入るものでないから、英語は文系理系と言えない、という考えもできますが、「英文法」なしの英会話は微妙です。慣れて話すことができても、いつかボロが出る。

http://okwave.jp/qa/q2719945.html

いかがでしょうか。

◇ご参考
文系的と捉えられることが多い学問
理系的と捉えられることが多い学問

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ