人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

地震と大震災の違いについて教えてください。
地震と大震災の違いについてわからないので、わかる方は教えてください。
URLもつけてくれればありがたいです。

●質問者: 311m9kizna
●カテゴリ:学習・教育 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● gtore

こちらがわかりやすいと思います。
簡単にいいますと、
地震は、単純に地がふるえることで、
震災は、そのふるえによって起きた災い、災害のことです。
震災のなかでも規模の大きいものを、大震災といっているわけですね。

地震と震災の違い
地震とは、断層の活動などにより地面が揺れる現象。自然現象であり、発生を防ぐことは出来ない。
震災とは、地震の揺れによって、火災や建物倒壊など様々な災害が起きること。人が住む社会にしか起きない。

http://j-bousai.com/yougo/021/323298_12.html

こちらでも説明されています。

「地震」は地中の岩石で急激な力の変化が生じ,地震波を放出する現象および,それによる地面の揺れ(本当は地震動と呼んで区別されます)を指します。これに対し,「震災」は地震によって引き起こされた災害を指す言葉です。

よく「M7.2の阪神・淡路大震災」(*)といった言葉を見かけますが,「地震」の大きさはマグニチュードで測れても,「震災」の大きさは地震のマグニチュードで単純に測れるものではありません。できるだけ使いわけて頂きたいものです。

http://www.zisin.jp/modules/pico/index.php?content_id=129

311m9kiznaさんのコメント
わざわざ説明・URLをつけていただき、誠にありがとうございます。 この文を参考にさせていただきます。 ありがとうございました。

2 ● kumonoyouni

用語集地震がご参考になると思います。

地震には震災も含めて総称的に使われることもありますが、一般には自然現象としての地震とそれによって発生する震災に分けられています。
地震は自然的現象であって発生を防ぐことはできませんが、震災はほとんどが社会的現象であるために社会的要因によって災害が拡大または縮小します。
このように地震と震災を区別する思想はそれ程古い話ではなく、明治時代を通じ形成され大正時代の関東大震災を経て明確になったといわれています。関東大震災の後に東京帝国大学の今村明恒教授は多くの講演会に臨んで最初に地震と震災の違いから話し出すことが必要条件であり、これを話すことによって講演の目的の大部分が達せられたと言っています。(「地震の国」より)
明治以前の近代科学が発達していない段階では少なくとも一般庶民には地震と震災は区別はなく、震災は防ぐことのできない地震と一体化したものとして捉えられていたと思われます。地震と震災とを区別する思想がないので、当然のこととして防災といった考えも生まれてきません。


ご参考になれば幸いです。


kumonoyouniさんのコメント
補足です。 [http://www.news-postseven.com/archives/20110404_16569.html:title] >> 菅直人首相は1日午後、持ち回り閣議で今回の震災2 件を「東日本大震災」と呼ぶことに決まったことを明らかにした。だが、決定するまで、各メディアには紆余曲折あったようで……。 たとえばNHKの場合はどうだったか。NHKのある職員は「今回の大震災の“名称”が局内でちょっとした話題になっているんです」と語っていた。 NHKは地震発生当初からこの震災を「東北関東大震災」と名付けていた。しかし、ほとんどの新聞・テレビは「東日本大震災」の名称を使っていたのだ(読売新聞は「東日本巨大地震」)。 地震の正式名称は気象庁の命名による「東北地方太平洋沖地震」。しかし、大規模な被害を出した地震は過去の例にならって「大震災」と冠せられる。3月11日の地震発生翌日の新聞では、共同通信加盟社が「東北・関東大地震」と表記したり、毎日新聞が3月14日まで「東北沖大震災」という名称を使っていたが、その後表記は「東日本」に“統一”された。しかしNHKだけが「東北関東」を頑なに守っていた。 この呼称について、NHK広報局は、「特に東北と関東で甚大な被害が出ていることから、この名称を使用しております。ただ、被害や影響の推移によっては、今回の地震災害の名称についても検討し見直す場合もあると考えています」と回答していた。 こうした「名称問題」は決して軽視できない。1995年の阪神・淡路大震災の際は、1月17日の地震発生後、翌18日朝刊から毎日新聞が他メディアに先駆けて「阪神大震災」の名称を使用。多くのメディアは地震の正式名称「兵庫県南部地震」をしばらく使っており、「関西大震災」や「神戸大震災」とする社もあったが、各社とも徐々に毎日新聞に追随し、1週間後にはほぼ「阪神大震災」で統一された。ちなみにNHKは、1月23日から変更、他社に後れをとっている。 ちなみに「阪神大震災」の名称は地震約1か月後の2月10日に閣議決定で「阪神・淡路大震災」と統一された。 ※週刊ポスト2011年4月15日号 << ご参考まで。

311m9kiznaさんのコメント
いろいろとありがとうございます。 用語集地震参考にさせていただきます。 今回はありがとうございます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ