人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

iPad用電子書籍アプリについて質問です。Alice for iPad の開発はどのように行われているかご存知でしたら教えてください。epub形式等の電子書籍フォーマットなのか、ゲームアプリ等を作るのに近いのか。Alice〜 のデモ動画です。http://www.youtube.com/watch?v=gew68Qj5kxw

●質問者: zenhippie
●カテゴリ:インターネット 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● トモタカ
●300ポイント ベストアンサー

ゲームアプリに近い作り方といえます。
epubではなく、これはObjective-C言語で開発されています。
しかし、通常のゲームアプリに使われるような高度な技術は使用されていません。
このアプリはiOSの基本的な機能のみを使っています。

開発に必要なもの

開発にはMacと、Xcodeという開発ソフト(無料)が必要です。
また、iTunesStoreでアプリを公開するためには、Appleに年間契約料を払う必要があります。

使われている技術

Alice for iPadで使われている機能はとてもシンプルです。
エフェクトのほぼすべてはiOSの加速度センサーを利用したギミックです。
iPadアプリ制作初心者でも簡単に習得できます。大抵の初心者向けiPhone開発本では中盤あたりで登場する技術です。
しかし同クォリティのアプリを作るならプログラミングの知識より、デザインやアートのスキルが必要と思います。
iPhone と iPod Touch の加速度センサーを利用する - インターネットコム

余談 ~Alice for iPadが話題となった理由~

Alice for iPadが話題となった理由は、YouTubeを使ったプロモーション動画がとても優れていた事だと思います。そして公開時期も良かった。
アメリカでiPadが発売されたばかりで、公開されているアプリが少なかったのです。日本では個人輸入するか渡米しないとiPadが手に入らない時期でした。
まだiPadに触れてない人が大多数の日本では「電子書籍の黒船となるか!?」と、騒がれていた時でした。
このタイミングで、Alice for iPadは登場。YouTubeのプロモーションが話題となりました。
このアプリのギミックの数々は単純ですが
iPadにはじめて触れる人にとって、分かりやすい形でタブレットと電子書籍の未来を感じさせるものだったのです。
そのため誇張気味な程に大きく取り上げられたと記憶しています。

私の回答がお役に立ちましたら幸いです。
とってんぱらりのぷう


zenhippieさんのコメント
epubでググっていたら最新のバージョンではJavaScriptが使える、というような記事があったので、JavaScriptなのかな?とも思っていました。たしかにこのアプリの主な魅力はビジュアル面ですね、それがあってなお動きの面白さが華を添えている感じでしょうか。登場時の背景まで解説していただきありがとうございます。

トモタカさんのコメント
なるほど。 AppStoreに公開しないのなら、JavaScriptで似た動作を作成できます。 その場合はSafariなどのブラウザから閲覧します。 [http://www.20thingsilearned.com/ja-JP:title=20 Things I Learned about Browsers and the Web] これはGoogleが作成したHTML5とJavaScriptによる電子書籍です。PCやiPadのブラウザ上で動作します。 あるいは、外枠だけをXcodeで作成し、中身はただのブラウザを表示する事で、擬似的にJavaScriptによる電子書籍アプリを作成する事も可能です。 最近リニューアルしてしまいましたが、昔のYahoo!Japan(iPhoneアプリ)は、Xcodeで作られたアプリ部分は外枠のみで、中身はYahoo!Japanが表示されるだけの簡易ブラウザでした。 どちらの場合も、epubではなくHTML5、CSS3、JavaScriptを使っています。 epubとJavaScript、そしてXcodeで外枠&インターフェイスの改善/修正を行えば、似た挙動は実現可能と思います。 しかし、HTML5&CSS3&JavaScriptで、外枠だけXcodeの方が開発は簡単とは思います。 とってんぱらりのぷう。

トモタカさんのコメント
[http://ke-tai.org/blog/2010/12/16/ios42gravity/:title="iOS4.2から実装されたというJavaScriptの加速度センサーAPIを試してみました"] JavaScriptを使った加速度センサーの利用方法を紹介します。

zenhippieさんのコメント
ネイティブアプリではなく、いわゆる側だけ、というやつですね。たまに画面遷移が遅いアプリなどは、このような作り方をしているのでしょうか? 詳細な解説ありがとうございます!

トモタカさんのコメント
画面遷移が遅いアプリは、メモリ不足・データの読み込み・描画速度の制限。があります。 ゲームや3D描画ソフトなど、スペックが必要なアプリはメモリ不足による問題が多いです。メモリの管理方法を修正すれば、挙動が改善されるケースがあります。 また、ネットからデータを読み込む場合も表示までに時間がかかります。 これは[http://artandmobile.com/projects/randompose/:title=RandomPose]などのアプリが該当します。 JavaScript&HTMLで作成した場合、ブラウザの描画速度やメモリをはさむため、もっさりした挙動になりがちなのです。そもそもブラウザは激しい動きを表示するようには出来ていません。軽量のアニメーションGIFを使って軽快さを演出したり、コードのチューニング&軽量化が必須だと思います。

zenhippieさんのコメント
なるほど。当初の質問内容からは若干脱線してしまいましたが、勉強になる回答です。ありがとうございます!
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ