人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

男と女。解り合えない思考の壁?

たまにあるうちの女チームの行動です。


弟が笑わそうとしたのかな?
母に「乾電池って少なくなったらサラサラ言うの?」と言いました。
いつもなら笑って少し突っ込むぐらいなのですが、その時はイライラしていたのか「バカちゃうん?なぁー?馬鹿やろこれ、なぁ?」と厭味ったらしく言いました。
姉も共鳴したように裏返った声で「なぁ?」と。
「イライラしているのはわかるけど、そんな小4のイジメみたいに言わんでも。」
と突っ込んだら二人同時に「ハァッ?」
その後、口癖が「ハァ?」とリズムよく流れます。Everybody Jam!のリズムみたいに。

やる気スイッチかそんなのがあるのでしょうか。スイッチが入ったように姑、小姑のようになります。
男チームは平均年齢が低く、不利になりがちです。
また、普通に話をしていてもヒートアップしてヒステリックになったりもします。
日常茶飯事なので不思議とは思いませんが、その時の自分の心はどんな心境なんでしょうか?

突然慣れ合うようなところもありますが、それはどんな感じではじまるのですか?
かなり器用なところもあったりと謎が多くて掴めません。



●質問者: ヒビキ
●カテゴリ:生活 ネタ・ジョーク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 朝霞(あさか)
ベストアンサー

43歳のおばさんが見て二つほど気になる点が。

>「イライラしているのはわかるけど、そんな小4のイジメみたいに言わんでも。」

というところで、ムッ、っとなったのではと予想します。
なんていうか、
「(アホな事を言ってみる)」→ネタ振られた相手「それアホちゃうん」→周囲と本人「ハッハッハ、やっぱ、アホやなぁ」
ていうのが理想の流れじゃないでしょうか。
今回、その「アホな流れ」を止めちゃってるんじゃないかな、と感じました。
ネタとしても、軽めのネタですし、ネタ自体を茶化して終わっちゃった方が良かったのでは?

二つ目。
今回の、お母様とお姉様がシンクロしたのは、同じ女性として「カチン!」と来たところがあったからではと思います。
仮に更年期障害や、生理などでイライラしているように見えても、「イライラしてるねぇ」とあまり言って欲しくないというのが本音ですね。女性側から「身体の具合がね」という風に遠回しに言われても、「そうかぁ、大事にね」と、温かく静かに見守って欲しい、又は、力の要る作業などは手伝ったり、代わりにやって欲しいと感じます。

男性にも更年期障害はありますが、女性はそれ以前に生理というものがあり、人によって程度の差はあれ、不快なものです。更年期障害はなおさら。女性として生まれたからには避けて通れないものの一つでもあり、辛くても受け入れなければならない現実です。
無論、婦人科等にかかり、症状を軽減するための治療を受けることはできますが……

そうであっても、男女共々人間ですから、イライラすることはあります。ただでさえ、イライラしているのに、それを指摘されるというのは、火に油を注がれたような感じではと。

ともあれ、家族であっても、一人の人間であることには違いありません。むしろ、一つ屋根の下に住むからこそ、気遣ったりしなければならないこともあるかと思います。
家族ゆえ、言い出せないこともあるでしょう。

とまあ、小さな出来事かもしれませんが、そういう部分について考えてみる良い機会だったのではと思います。


ヒビキさんのコメント
なるほど。。。 母はそこまで大げさにしないので、弟も涙目だったんで悪意のあるジョークでもそこまでしたことはなかったんです。 自分が一言多いのは事実ですが。。。 姉は事あるごとにそうなんで身体的なものとは思えなかったりしました。ヒステリックになるのは理解できますが。 たまに家族会議的なことがあります。 親は絶対かも知れませんが、今不安定な母に全ての判断や責任を委ねるのはおかしいと思いました。なので自分なりの意見を言ってみたりしています。 姉のようにそっとしておく方が思いやりがあるのでしょうか。 母は今家事ができない状態なのでやっています。 僕は家族の中なので何でも洗いざらい話します。やはりそこも違いがあるのでしょうか? ご回答ありがとうございました。ちょっと考えなおしてみます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ