人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

学校のテストや塾のテストで、必ず出ると言っても過言ではない文章問題。
説明文と物語文の2つに分けられると思うのですが、どうしてもどうやってといたら良いか分からないです。
良い点が取れる問題の解き方を知っている人は、是非教えて下さい。


●質問者: ぱんだ
●カテゴリ:学習・教育 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ

良い点が取れる問題の解き方

まず問題を よく読み 正しく把握することが大切です。
読む力
これは 最低限マスターしておきたい事柄です。
そのためには 漢字を覚え たくさん読書することが 重要ですね。

良い点をとるための 最初の ステップです。


2 ● youtaiga
ベストアンサー

ひたすら、読むことと、書くこと。

まずは、わからなくても辞書を引かずに読み通すこと。(もちろん内容を理解しようと努めて)
それで読解力をつけます。
テストでは辞書を引けないでしょうから、多少わからない言葉があっても読み進めなければなりません。
そのための訓練は普段からやっておくとよいでしょう。
(これは英語の長文読解とかと同じ)

次に、わからなかったことを調べて、もう一度読むとよいでしょう。
これで語彙を増やします。

読むものは、自分のレベルに応じて、はじめは簡単な新聞や小説、教科書などから。
次第にレベルをあげていくとよいでしょう。
簡単なものばかり読んでいても力はつかないので、最終的には自分の知識のない分野の本などを読むとよいです。
テストでは、どんな分野の文章がでるかわからないこともありますので。

学校のテストなど、出る文章がわかっている場合は、ひたすら読み込みます。
意味のわからない言葉がないように。
内容が理解できない場合は、関連する書籍で基礎知識を入れておくのもよいでしょう。

あとは、小論文などを書いて、人にみせること。
人にわかってもらうためには、何を書いて、何を省略してよいかが重要です。
また、文章を書くことによって、普段の読むときにその本の書き方を意識するようになります。
何が言いたいことなのかがわかってくると、問題も解きやすくなります。
読解力のアップにもつながったりします。


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ