人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

僕の同級生への対応【ベストアンサー及び納得のいく回答者のみポイント進呈】

僕の同級生には、障害を持つ男子がいます。おそらく、脳の障害だと思います。ウチの学校には、そういった障害を持つ子達が集まって授業をする、『特別支援学級』があるのですが、その子の親・・・、母親が、『障害者扱いしてほしくない』という理由で、ほとんどの生活を普通の教室で過ごさせているのですが、やはり普通の子となじめないのです。
(コメント欄へ続く)


●質問者: スパロウ
●カテゴリ:人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 36/36件

▽最新の回答へ

1 ● リコリス
●20ポイント

回答リクエストありがとうございます。

しかし、親はやはり『障害の持つこと家の子を一緒にしないでほしい』の一点張りです

その子が悪事を他人になすりつけるために親は自分の子供のしたことを知らないのかもしれません。
先生などに許可を取って証拠となるもの(その子が悪いことをしているときに動画を撮ったり、写真に撮ったりとする)を作って親に提示するといいでしょう。そしたら気が変わるはずです。

もしそれでもダメでしたらあなたが子供だからという理由で親はあなたを見縊っているのかもしれません。都合のいい日に先生と会いに行くのが一番かもしれません。

それでもダメでしたら児童相談所に連絡してはどうでしょうか?


スパロウさんのコメント
リクエストに応えて頂き、ありがとうございます! 僕もさすがに、彼の親が悪事のなすりつけを知っているのかどうかは分からないですね・・・。なんとかして、その『証拠』を提示することを試みてみたいと思います!

2 ● OWT\(^o^)/オワタ
●20ポイント

はじめまして。僕もそのような生徒が同じクラスにいて困ったことがあります。
まずは先生に相談して、それでも解決しないんだったら教育委員会などの公的機関に相談すればいいと思います。
やっぱりそのような迷惑な生徒がいると、学校生活がしんどいし、勉強も苦しくなると思います。
「脳に障害がある人だからもうちょっと優しくしたほうがいいんじゃないのか?」と言う人もいますが、いくら障害者だと言ったってやって良いことと悪いことがあるはずです。
とにかくその人とは距離を置いたほうがいいです。頑張ってください。長文すみませんでした。。


スパロウさんのコメント
回答ありがとうございます! はじめまして!まさにその通りです。しんどいというか、勉強がやり辛いというか・・・。ただ、距離を置いても、彼から接してきて来るので、避けようがないのですよ。でも、限度が超えたら、教育委員会などに相談してみようと思います。

3 ● まの。
●0ポイント

じゃあその母親に、
「あなたの息子さんは、厳しいことを申し上げますが障害者なんです。」
とでも言ってみたらどうですか?
その母親はかなりショックを受けるでしょうが、どうしようもないことなのです。
それでもだめなら、やっぱり学年会議ででも話し合わなければならないと思います。
まとまりのない内容ですみません。


ん?さんのコメント
すごくストレートw まあ、仕方ないとは思いますがね。

スパロウさんのコメント
回答ありがとうございます! 実は、僕のお母さんが、『自分の子供の状態を受け入れられないのかな??』と僕に言ってきました。今を受け入れる親であればいいのですが・・・。

4 ● kepikapi
●0ポイント

ベストアンサー及び納得のいく回答者には入れないと思うが・・・
体験を元に、真剣に、真面目にご回答させてもらいます。


自分の世代(君らより少し上)にもいました、そういうの。
その時代は(ってったって、そんなに何十年も、昔じゃないよ)そういう普通学級に割り込み入学するようなこと出来るのは一つの特権階級だったの。
いわゆる金持ちね。
その親は担当教員を家庭教師に雇ってました。
とはいえ、もちろんその子の程度じゃ勉強なんて無理なの、遊んでやって、夕ご飯ご馳走になって・・・ということで大金貰ってたのです。
当然そんなこと許されません。
でも、学校も周囲の大人も黙認でした。

今、「金持ち」ってことで思い出してみると、そんなに大金持ちだったのか?
いえいえ・・・、今現在貸しビル1棟持ってる程度・・・
金持ちってったって、そんな程度です。
まあね、サラリーマン家庭から見れば金持ちだけど。

親の見栄?
将来的に、その子を食わして行ける・・・というだけで横暴なものです。
親心ってそんなものかも知れませんね。
インテリな親でも所詮そんなもんです。

さて問題なのは、スパロウさんの現状打開です。
その親にしてみれば、スパロウさんらが困っていること、それこそが普通学級に入れる目的なのです。
その子の横暴を周囲の人に理解してもらい・・・
その子に通常の方々に慣れさせる!ということが目的なんです。
気がつきませんでしたか?
これこそが社会訓練なのですってば。
そりゃ被害甚大ですよ。

対策
●徹底的に、完全に徹底的に、相手にするな!
●やられる前に、徹底的にやれないように防護しましょう。
つまり、コチラが上手に出るということにつきます。
だって、コチラのほうが知能が上なんだからサ!!!

中学生ですか?
教育委員会に言ったって、児童相談所に言ったって、時間稼ぎされるだけです。
急激に移動なんか出来ないですよ、きっと。
第一、普通学級に許可した責任上、出来ない相談だと思った方が賢い選択です。

●その子に目をつけられないこと!
●百に一つでも「お兄ちゃんが面倒見てあげるよ」という態度に出られないなら、徹底的に無視して、自分の受験勉強にでも励みましょう。

賢く、更に、更に上の賢さが必要なんです、この場合。
分かりましたか??

無視することなら明日から出来るでしょ???


スパロウさんのコメント
回答ありがとうございます。 ただし、『無視』は確実に不可能です。無視すると、逆に目をつけられます。無視しなくても、目をつけます。はい、無視が不可能です。その無視が簡単にできたら、学校側も、僕ら生徒もすでに実行して成功しています。というかもうやりました。無視という言葉の代わりに、『気づかないでいると』と書きましたが、無視をしても否でも、結局のところ彼の悪態(?)は防げないのです。

5 ● なぽりん
●20ポイント

障がい者かそうでないかは、医者が決めることなのですが、
親御さんがそんなふうでは、
1.医者にかけていないかもしれない。もしくは医者にかかってもおかしなところを正しく伝えていないかもしれない。
2.診断結果を正しく学校に伝えていないかもしれない。

この二つを防止するにはやはり公的機関に間に入ってもらうことになるとおもいます。
公的機関とは、市役所の児童福祉課か、市の教育委員会が適切だとおもいます。

なお、似たような実話の例をお話します。
私の知り合いのお医者様に、お話と似たようなある障害がある子供がうまれました。
その医者の奥さんは絶対に障害を認めようとせず、自分で何とかするからと、
宗教などあらゆる手段を頼りましたが、その子供が大きくなって、力が強く、手に負えなくなってしまってから
「早く、できれば生まれてすぐくらいに認めて、それなりの訓練を受けさせればよかった。
そうすれば、本人ももっと社会の中で幸せになれたし、そのことで自分も幸せになれた。
気づかないでいたら、私が死んだときにこの子は社会に見捨てられた」
と言って、今はそういう学校にかよわせています。
ただ、お医者のだんなさんの言うことさえ聞かないほど、母は子に必死になるものですから、
できれば、そのお母さんの実家を引っ張り出すといいです。
そのためには、やはり公的機関や旦那さんの力が必要です。

ただし、医者にかかった結果、「これは発達障害だが、
知能が高いから、クスリをきちんと飲んでいれば学校でも普通に
過ごせるはずだ」などの診断が出るかもしれません。
その場合は、「◯◯くんがお昼ごはんのあとクスリをのんだか」の確認当番をつくるなど工夫して、
クラス全員で受け入れてあげてください。
脳もカラダの一種なので、手や足がうまく使えない人と同じく
科学の力を応用して接することで道は開けます。
逆に、クラスが団結せず、「オレ関係ねー」的なたらい回しをはじめると、
個別撃破でめちゃくちゃにされます。


スパロウさんのコメント
回答ありがとうございます! はは?、なるほど・・・・・。彼が薬を投与していたか、確認してみます。

なぽりんさんのコメント
クスリはたとえにすぎません。 向こうには向こうの事情があって今こうなっているのだろうから、すべてが あなたの望むとおりの結果になると思わないこと、ということです。 きびしいようですが、人生では、場合によって予想よりすこし早くオトナになることが求められることもあります。

スパロウさんのコメント
コメントありがとうございます! 『薬』は例えだったのですか!うーん、まじめに捉えてしまいました。 >> あなたの望むとおりの結果になると思わないこと、ということです。 << それは、承知の上なのですが、訂正するならば、『あなた』ではなく、『あなた方』が正しいです。僕が苦労しているわけではなく、その学校の生徒、教諭、そして彼の親も苦労しているわけなのですから。

なぽりんさんのコメント
苦労がそれぞれにあるのはわかりますが、この話の主旨は違います。 その子の親の望みはその子が通常学級で暮らすこと(現状維持)。 ここに書き込んだあなたの望みは特別養護学級にうつってそちらで暮らしてもらうこと。 それを「あなた方」と一つにまとめてしまうのは違うと思います。 望みが食い違っている以上、どちらがまかり通るかを決めなおしたいというのがあなたのご質問なのでは。 ここで、注意すべきはクラスのみんなで圧力をかければいいとか「多数決」が正解になるとかいうわけではない、ということです。学校ではどこでも多数決がまかり通っても、社会の基準とは違うわけですから。 決めるのは、医者や、行政という公平な立場であるべきだということです。 その子があなたにとって都合が悪いというだけのことを、 あなたが「あんなことをするのは障がい者だ!あっちへいけ!」と 誇張して話している可能性もなくはないわけです。 医者(=科学そのもの)に判断をまかせるのが公平というものではないでしょうか。

なぽりんさんのコメント
そもそも、その公平と思われる判断を受ける場に相手が出てこようとしないのなら、私が最初に回答したような知恵を使うとよい、ということですよ。

スパロウさんのコメント
学校は、生徒の公平を保つために、『特別支援学級』を用意しているのです。もちろんそちらも、学年にあわせてちゃんと授業は行っています。

なぽりんさんのコメント
質問文やコメントなどを読んでいてちょっと気にかかっているのですが、どうして先生でもないのに「学校は?」のようなことが言えるのでしょうか。あなたが運営しているクラスなのでしょうか?有るものは使えというのは「公平なあつかい」の理由になりません。

なぽりんさんのコメント
そして、相手方の親御さんとしても、ちゃんとした理由がないのに自分の子供が不公平な扱いを受けているとおもえば、いつまでも捨て身で戦い続けるとおもいますよ。 だれもが納得する理由をさがしているのかとおもってアドバイスしたのですが、「これはもう決まったことだ」とおっしゃるほど心のなかで結論が決まっているのなら人力検索に質問する必要さえなかったのではないでしょうか。

1-5件表示/36件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ