人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

世界的には、公的な統計データは公開で自由に利用できるようです。統計データ公開に関して詳しい論文、記事等を探しています。


●質問者: isogaya
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● Cherenkov
●34ポイント

著作権法 32条(引用)
2. 国若しくは地方公共団体の機関又は独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。
引用 - Wikipedia


2 ● ニコ
●33ポイント

http://www.e-stat.go.jp/estat/html/spec.html
公開されているからと言って著作権フリーとは限りません。
注意しましょう。


3 ● manay
●33ポイント

有識者からは、政府が統計データの著作権を行使することは、公共財としての性格を鑑みると
難しいのではないか、統計データベンダが行ったデータの配列の変更、加工・修正したりした成
果物に対する著作権の扱いを検討する必要があるとの意見があった。一方で、統計データベンダ
の成果物には著作権は発生しないとの見解を持つ有識者もあり、ユーザの統計データ利用を促
進するように、政府は著作権等について明文化するべきだとの指摘もあった。http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/topics/kenkyuShiryo/hokokusho/pdf/houkokusyo.pdf

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ