人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

欧州危機や、震災、大阪市長選、など大きな出来事が、なぜ集中しておきるものなのでしょうか。

●質問者: surippa20
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

1 ● kodairabase
●16ポイント

欧州通貨危機を挙げておられるので、注目の範囲を世界に広げたら、常に重大事件は集中して起きていると言えます。


2 ● uwao
●7ポイント

マスコミの影響と思います。
古くは世界大戦から中東、ベトナム戦争、イラン・イラク戦争、911、アフガニスタンやイラク戦争など、世界中で紛争は絶えません。
石油ショック、リーマンショック、欧州危機、アルゼンチンにギリシャ、日本でも長銀や山一証券の破たんなど経済問題も頻繁に起きています。
地震や津波、台風、水害なども、世界中を見れば、毎年、大規模なものがあり、大勢の方が無くなっています。
長崎の普賢岳の噴火、北海道奥尻島の津波、阪神淡路大震災と続いた時もありました。
今年に限ったことではなく、どの年も世界中には山のように事件や事故などがあります。

大きな事件等を今後の教訓とするためには、マスコミに集中して取り上げて頂くのが良いと思いますが、視聴率目当ての過大な表現も多いようにも思います。
また、悪い事件は心に残りやすく、良いニュースは直ぐ忘れてしまいます。
こういうことから、毎年のように「今年はどうして悪い事が続くのか」と感じるものと思います。


3 ● きゃづみぃ
●7ポイント

大阪市長選は 基本的に4年ごとに 行われるものです。
それより大きなのが 総理の交代。これが 毎年のようにあるのが ちと 残念なところ。

台風は 毎年 くるし、大地震も 何年かおきにあります。

大きな出来事は 長期的にとりあげられるので さらに印象に残りやすいです。

それが 集中していると思われる原因かと思いますね。


4 ● lemonki1564
●7ポイント

毎年、もしくは何十年に一度起きることが
たまたま重なり合ってしまった。

深い意味は無くそれだけのことでは?


5 ● 水樹
●7ポイント

ほぼ1週間に1回は大きい出来事があるものです
1年に2回も大震災が起きた、とかなら別ですが、悪い出来事、良い出来事も割りと重なって起きるものです


1-5件表示/13件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ