人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ソフトウェア業界で働いておられる方に質問です。

日本のソフトウェア業界ではやはりどこも深夜残業や休日出勤が常態化しているのでしょうか?
また、ウェブ系の会社への転職はやはりウェブ系での経験が無ければ厳しいのでしょうか?
難しいなら転職にはどの程度の技術が必要でしょうか?

私は今年新卒で業界(いわゆる中小のSIer)に入ったのですが、この状態が続くのは肉体的に辛いと感じています。(というより新人で容赦していただいているのでひどくなるのを恐れています)

また、ソフトウェアを開発するというより、業務知識を仕入れてきてオフィスソフト(AccessやExcel)で作れそうなものを再生産している状況に疑問を感じています。

自分に能力があるとは決して言いがたいのですが
(参考にあまり記事も書いていませんが、私のブログです:http://d.hatena.ne.jp/do-siyo/20110303/1299160845)技術が好きで大学時代からプライベートでも学んできたため、技術者として働ける会社に憧れています。

長文になってしまいました。
甘えた若造の考えだとは思いますが、よろしくお願いします。


●質問者: do-siyo
●カテゴリ:就職・転職 コンピュータ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● jan-bro-011
●100ポイント

新卒で入った会社を辞めるのは勿体ないと思いますが、
逆にすぐに転職するのであれば特別何も技術が無くてもいけると思います。
将来性を買って雇ってくれる会社もあると思いますし。
ただ、業界全体がそんなに景気が良い状態でもありませんので、
転職する際は慎重になるべきだと思います。


do-siyoさんのコメント
回答ありがとうございます。 やはりどこの業界も今は大変なのですね。

2 ● きゃづみぃ
●90ポイント

>また、ソフトウェアを開発するというより、業務知識を仕入れてきてオフィスソフト(AccessやExcel)で作れそうなものを再生産している状況に疑問を感じています。

業務知識というのは、人材を募集する上で わりと大きなウェイトを占めてるものです。
特に設計にかかわる人間に必要とされるものです。
その会社にいて 業務知識を身につけ、プログラムの開発は エクセルのVBAで行って力をつけていけば、そのうち どこかで 役に立つとは 思いますけどね。

とりあえず 使える力をつけておくことが 大切だと思います。

業務知識がなく苦労している技術者も多いですよ。


do-siyoさんのコメント
回答ありがとうございます。 業務知識が大切というのは頭では分かっているのですが、やはり考え方が学生のままなのかもしれません。

3 ● kodairabase
●90ポイント

>日本のソフトウェア業界ではやはりどこも深夜残業や休日出勤が常態化しているのでしょうか?
その通りです。
大手では当局の監視が厳しくなり個人の超過勤務が続くことはなくなりましたが、どこかのチームが必ず超過勤務しているという状態には変わりありません。

>また、ウェブ系の会社への転職はやはりウェブ系での経験が無ければ厳しいのでしょうか?
厳しいです。

>難しいなら転職にはどの程度の技術が必要でしょうか?
一口にウェブ系と言っても、中では分業化されています。

  1. Webデザイン
  2. Webプログラミング
  3. ネットワーク
  4. データベース
  5. セキュリティ対策

まず、どれを目指すかを決めてください。
内容的に一番優しいのはWebデザインですが、逆に求職者も多く、給与は高いとは言えません。
Webプログラミングは、いまはRuby, PHP, Java, HTML5(JavaScript)の求人が多いですが、言語の流行廃りが大きいので、自分のスキルが及ばなくなる前に、次のステップ(SEなど)に昇格することです。


do-siyoさんのコメント
回答ありがとうございます。 実は学生時代OSについて少々学んでいたせいか、データベースやネットワークといった「地味だけど大切な裏方」にずっと興味をもっていました。 そういった方向でもっと学んでみるのもいいのかもしれませんね。

4 ● a-kuma3
●90ポイント

あくまでも、自分の経験と、見聞きした範囲です。

日本のソフトウェア業界ではやはりどこも深夜残業や休日出勤が常態化しているのでしょうか?

保守のためのシステム停止が、深夜だったり休日だったり、ということがありますから、
全く無い、というところは、まず無いと思います。

ですが、どこもかしこも常態化しているか、というと、一昔前に比べると、ずいぶん少なくなったなあ、という実感があります。

ひとつの理由として、環境が小さくなったり、コンテンツも含めて、ネットワークが整備されたことがあります。

ぼくが仕事を始めたころは、会社にしか計算機が無くて、しかも全員にパソコンが配布されているわけでもなく、
ソフトウェアの開発には、専用のワークステーションルームにこもってやってたりしました。
また、マシンが非力だったので、同時に何人も使えないようなものも多く、時間割を作って、環境を使いまわしてたりしました。
当然、夜の部にあたってしまうと、深夜残業になりました(その代わり、昼間は爆睡)。

最近では、リソースの制約で自由が効かない、ということがかなり減ったと思います。


そういう状況では、残業の多寡は、基本的に仕事のやりようで決まると思います。
まだ新人ということですから、仕事には慣れてくるでしょう。
やっている仕事の内容に対する問題意識もあるようですから、やり方を改善すれば、効率は上がってくるのではないでしょうか。

ぼくの場合だと、残業は普通にやってますが、深夜とか休出は、年に数回です。
その数回も、基本はトラブル対応なので、まあ仕方ない。
さすがに、トラブルの発生だけは、スケジューリングできませんので。

# トラブルを分析したり、振り分けたりする立場にいるもので。
# ぼくが、トラブルメーカーなわけじゃありません(と、聞かれても無いのに言い訳 =)


ぼくが新人のときに言われたことで、「とりあえず、二年は頑張れ」というのを覚えてます。
二年くらいは真剣にやってないと、その分野特有の文書化されない情報だとか、自分の向き不向きも含めて、
ちゃんとしたことは分からない、と。

そのときに、辞めたそうな顔をしてたつもりは無いんですけどね =)

会社生活の中で、会社が変わったり、システムが対象としてる分野が変わったり、何度か、
環境をリセット(までは、行かないか)したことがありますが、その度に「最低、二年」はつぶやいてます。
やっぱり、やりだすと、どんな分野でも奥は深いので、二年経ってからが本番、みたいな気持ちを持ってます。

# 年を取る毎に、堪え性は無くなってる、というのはあるかな


会社を移るとかは、ぼくがどうこう言う筋合いでは無いので言及を避けますが、最後に一言。

「隣の芝生は青く見える」


do-siyoさんのコメント
回答ありがとうございます。 ぐさっとくる言葉が...w おっしゃるとおり隣の芝生を見て羨んでいるだけなのかもしれません。

fmht7さんのコメント
横から失礼します。 こちらの回答を読んで、自分も経験上、同じ会社にいても適度に変化があったなぁと思いました。 同じ会社にいても「もう飽きた」とか「他の事したい」とか「転職しようかな?」なんて考えてると不思議と転機というか環境変化が訪れるんですよね。 やっぱり顔に書いてあるのかな? ^^;

5 ● some1
●90ポイント

開発で使用されていた言語にもよると思いますがJavaができればWeb系企業のエンジニア採用は普通に可能と思います。


またある程度のキャリアがある中途採用は有利ですが、
若いうちでないと家族を抱えたりなどの事情があるとなかなかキャリアアップ転職もしづらくなります。


自己責任ですが自分がやってみたい事には悔いの無いように人生を送るという生き方もあるかと思います。


ただWeb業界もサービス残業などを強要するブラック企業はありますので、
裁量労働制での勤務形態かを確認する必要があります。


また、もし辞められる際は裁量労働制としての契約をしていても、労働基準法では22時を過ぎる深夜労働および休日労働に対する手当は支給しなければ違法行為ですので、タイムカードのコピーやメモを証拠に労働基準監督署に通報すれば払われる可能性があります。
(渋谷のは動かぬ証拠があるのに「人手が足りない」などの言い訳をして碌な調査もせず職務放棄する若い役人がいてダメでしたが、別の区では通りました。)


do-siyoさんのコメント
回答ありがとうございます。 おっしゃるとおり後になって後悔したくないという思いがあります。 周りの友人がパワハラで会社を辞めるなどしていたため契約などの重要性は確かにわかります。(こういう話は絶えませんね、普段は感じませんが、不況なんだと感じます)

1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ