人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【稟議書が必要になる金額】セミナー参加費、調査レポート、高額な専門書籍など、市場調査や社員育成、スキル向上などの目的で行われる支出(機材や設備など減価償却できるものは対象外です)について、いくらくらいから稟議書が必要になるか、一般的な基準や企業を対象に行われたアンケート調査結果などを探しています。企業によって基準がまちまちなのは承知していますが、「このくらいの金額以上なら稟議書が必要になる企業が多い」のような裏づけがあれば助かります。

●質問者: mathematician
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kodairabase
●60ポイント

>このくらいの金額以上なら稟議書が必要になる企業が多い
これはあり得ません。

購入手順規定が無い物品・サービスの購入については、すべて稟議書が必要になります。
たとえば文具購入手順規定が無ければ、鉛筆1本・消しゴム1個に至るまで稟議書による決済が必要になります。


うぃんどさんのコメント
>これはあり得ません。 私がこれまで取引したた企業数は中小零細百社ほどですが 上限制を採用している企業は意外と多いですよ たとえば、 平なら月額合計2万までは稟議書不要 係長クラスなら月額10万までは稟議書不要 部長クラスなら月額20万までは稟議書不要 杓子定規に考えると「これはあり得ません」になるのかもしれませんが、 社会の常識としては「十分あり得る」となりますし、 それゆえに質問されておられるように「多いか少ないか」という流れになります ポイント欲しさに多数の回答をされるのも結構ですが、 質問をよく読んで、しっかり確認してから回答するくらいのことはしましょう

2 ● adlib
●60ポイント


限度額の算出 ? 決済上限の高い上司の承認を加算する ?

官公庁の稟議書は公開義務もありますが、民間では社内規定であり、
非公開が原則です(役員会で鶴の一声があれば、ただちに変更されます)。
以下、わたしが見聞した記憶をもとに、過去の実例を総括してみます。

一般論として、社内での身分(勤務年数・役職など)に準拠する。
当人の返済能力(月収・年収、現時点での退職金)を標準とする。
原則として、実家や配偶者の(情実的)経済力は評価に加えない。

── 見積書などを添付し、高額物品は合見積や入札のルールを定める。
http://q.hatena.ne.jp/1262656868#a979473
稟議書のすすめ ? 5W1Hの原則 ?

すべての提案は、失敗したときの損失を、金銭に換算しておく。
時間的損失は、当人以外の協力者の賃金などを、総合的に算出する。
(下記のルールでは、入社当日の新入社員なら、限度額1万円が妥当)

── 一日一回の限度額を、常務は100万円、専務は500万円、
社長は1000万円と定め、それ以上は翌日まで出せないことにする。
この三人が結託しても一ヶ月間に4億円(1600*25)が限度となる。
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20111127
バカら ? ロンダリングの挑戦者たち ?


3 ● suppadv
●60ポイント

知っている範囲内では、予算として認められているものは、年度始めに許可されているので稟議不要、予算内で目的があっていれば金額には関係ないというのが多いと思います。

予算外の場合は、稟議が必要になりますが、これは会社によって基準となる金額は会社によって大きく違うようです。


4 ● fmht7
●60ポイント

こちらのサイトが参考になりそうです。総務の森 - 総務 労務 経理 法務 今すぐ解決!

例えば

前スレッドなど拝見させていただきましたが、「10万円超ええるもので稟議が必要」の会社様が多いようです。
私も同感でしたが、一律でなく細かく分けろとの指示が!

http://www.soumunomori.com/room/thread/trd-89316

とある通り、こちらで稟議基準についての話題が繰り広げられています。
この質問についた回答も明確でとても参考になるものでした。

ご参考になれば幸いです。


5 ● a-kuma3
●60ポイント

ぼくの勝手な思い込みなのですが、大学とかって、予算とか経費とかいいかげんそうなので、ちょっと調べてみました。

# リンク先に PDF が多くって、ごめんなさい



http://www.rikkyo.ac.jp/aboutus/profile/organization/finance_division/staffs/kssc/_asset/pdf/jimus_20090302.pdf
立教大学の財務部。
勘定科目によって、50万円と100万円のふたつの指定がある。


http://office.soka.ac.jp/library/t/kanri_unyou.htm
創価大学附属図書館。
図書の購入については、基本的に 20万円。
購入先に固有の古書とか、入札契約での購入による新刊では稟議不要という例外がある。


http://www.yamano.ac.jp/common/pdf/jikotenken09.pdf
山野美容芸術短期大学。

消耗品、旅費等については、予算執行額が10 万円以上のものについて
は、理事長権限とし、稟議により承認を得ること

予算内でも、稟議を通す必要がありそう。



http://www3.jwu.ac.jp/research/kenkyuhi/H23_kenkyuhi_toriatukai.pdf
日本女子大学。
消耗品は30万円以上に変更 @2011年4月。
印刷製本費や報酬は10万円以上。


http://www.sophia.ac.jp/index.php/jpn/content/download/10124/119029/file/jyochidaikakenjimutoriatukai.pdf
上智大学科学研究費補助金事務取扱要領。

(消耗品の購入)
第19条
2 一件の購入金額が150万円以上の場合は、稟議決裁を経た後に契約を締結する



http://thcu.ac.jp/check/check12.pdf
東京医療保険大学。

予算の執行については、(略)50千円以上の物品購入の場合は稟議書を作成し、理事長決裁...




検索に引っ掛かったものを羅列しているだけなので、どれが代表的だ、とかは言えないのですが、

ぼくは民間企業に属する身ですが、予算の枠内なのに稟議を通す辺りは「?」な感じです。
予算を通すために、稟議書を書くということはありますけど。


他の方の回答と合わせて参考にしていただければ、と。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ