人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

北朝鮮の金正日総書記の死去をうけて。この事態を、みなさんはどうおもいますか。意見をお聞かせ下さい。

●質問者: 小田急FAN
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● スパロウ

個人的には、実は金正日総書記様は、生きているのでは?と感じております。


というのも、視察中に死去してしまうことがあまりにも唐突・突然だし、総書記の遺体を見た人は、おそらくその視察に同行した人及び親族と思われます。つまり、一般市民は遺体をご覧になっていません。ご覧になれなくても、少なくとも本当になくなったと証明できるものがありません。


もしかしたら、なくなったように見せかけて、陰で朝鮮を動かしているのでは・・・?


ガラスケースの遺体は、本人ではない、という可能性だってあるのですから。


朝霞(あさか)さんのコメント
全く関係ない話で申し訳ないのですが。 2chのまとめサイトで、生前の全身像を90度傾け、安置されているご遺体と並べ、「ご遺体の方が足が長いように思える」というのがあり…… まあ、権力者ですから、威厳を保つという意味で仕方がないとは思いますが。 ちなみにサルコジ大統領は底上げシューズを履いているそうです。

スパロウさんのコメント
あ、足が長いように見える・・・?!

2 ● miharaseihyou

もし本当に死んでいるとしたら暗殺された可能性が高いと思います。
心筋梗塞は健康診断を受けていれば発症を予防できる病気です。
一国家の最重要人物なのですから、お抱えの優秀な医師が付いていてもおかしくありません。
そういった人が死んでしまう病名としてはあまりにも奇異に感じます。

例えば脳卒中ならばあり得るとは思います。
血液の塊が脳に送られて動脈をふさぎ、一気に死亡することもあるからです。
医療関係のインフラが整備されていない国ですから、発症から効果的な治療を行えるまで時間が掛かったとしたら死亡する可能性が高い。
或いは外傷性の事故による死亡ならばあり得ないことはないでしょう。
しかし、本人の遺影さえ公表されていない現状では想像力をかき立てられますね。


小田急FANさんのコメント
回答有難うございます。しかし、北朝鮮は、ほとんど国交がなく医学の技術はまだ未熟だと思います。中国から伝わったとしてもあまり大きな進歩ではないと思います

miharaseihyouさんのコメント
医者は雇うこともできるので、例えばその中国から借りるという手もあります。 こういった権力者は自己の健康に執着しますので、最高度の医師を抱えていたと考えるのが普通です。 こういった体制では権力者の周囲には最高レベルのものが何でも、文字通り何でも揃うのです。

朝霞(あさか)さんのコメント
医療チームの話ですが、ネットで読んだ話として、ドイツ等ヨーロッパから呼んでいるという噂があるようです。 金正哲氏や金正恩氏がヨーロッパに留学しているように、ヨーロッパの一部では、北朝鮮問題についてアメリカほどピリピリしてはいないようです。そのため、医師の派遣を要請することができたのではと思っています。 権力者向けではない、いわゆる一般の人向けの医療支援活動は行われているようですが、ネットで検索して状況を軽く読んだ限りでは、麻酔のない手術、不衛生な状況、抗生物質の不足等、とても酷い状態だとありました。

3 ● 朝霞(あさか)
ベストアンサー

問題は幾つかあります。ネットで見た話が殆どなので、事実かどうかは話半分程度に読んで頂けると良いかと思います。

1)後継者として今の所名前が挙がっている金正恩氏がまだ若く、北朝鮮で実務についている時間が短いため、経験不足であり、今ひとつ不安感がある。
2)実子への権力委譲が続いていることについて、好意的に感じていない人もいるらしい。
3)長男である金正男氏を、中国軍の一部が支援しているらしいという噂

NEWSポストセブン|金正日総書記死去で中国軍の一部に長男・正男氏かつぐ動きも http://www.news-postseven.com/archives/20111219_76549.html

中国軍の動向に詳しい北京の中国外交筋によると、中国人民解放軍の一部には軍事的に挑発的は行動を起こしかねない金正恩氏よりも、金総書記の長男で、現在中国に住むなど、中国政府の事実上の庇護下にある金正男氏のほうが後継者にふさわしいとの見方があるという。

時事ドットコム:金正男氏、マカオ離れる?=香港紙 http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011122000539

住宅の外壁には指導者を意味するとみられる太陽のマークが張られていたという。


次男の金正哲氏については、その行動(海外旅行が多く、メディアにその姿を撮影されたり接触されたりしている)から、後継者候補としては見られていないようです。それでも、万が一ということもあるでしょうから、無視することもできないと考えています。

金日成氏死去時の服喪期間が3年で、金正日氏が最高指導者の地位についたのがその後ですから、今回も似たような事になると言われています。この3年間の間に、金正恩氏が地盤を固め、政府を掌握することが出来るか、また、中国やロシアと良好な関係を築くことが出来るかが問題でしょうね。
金正男氏が以前から中国側と密接な関係があったのではという話はネットの記事で読んだことがあり、中国側との折衝は多少難しいものになる可能性も否定できないと個人的に感じています。

中国はさておき、ロシアが今後北朝鮮とどういう感じで付き合っていくかも気になる所でしょう。個人的には、「昔は色々関わってきたが、今は自国のことで手一杯。とにかく北朝鮮がバカをやらないよう、なまあたたかーく見守るだけにするか」という感じかと思います。

ともあれ、数年間、どう動くか見えづらい(確かに今までもよく分からない国でしたが)と思います。
金正恩氏が、「名をあげるため」に何かムチャをやらないようにと祈るような気持ちですね。


4 ● 多食斎友好=世田介

人望の無さを露見した感じ。泣いたり、悲しんだり、奇跡が起きた、と言う報道はしつこいほどされていましたが、(監視下での無理やりのヤラセだろうと思いますが)
これだけ神格化された人物ならば、自発的な後追い殉職があるだろうと思いますが、その報道は一切ないし、禁止を発令した報道も無い。(何も後追い殉職が正当とは思いませんが、一つのバロメーターにはなるかと思います。)

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ