人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

お薬についての質問なんですが…
先日胃・肝臓・膵臓の手術を受けた知人が、ロキソニンを内服していました。消化器系の手術の後はロキソニンはよくないと聞いていたのですが、大丈夫なんでしょうか?担当の先生が処方しているのだから、大丈夫だとは思うのですが…
知人は 27歳 男性 交通事故による肝臓・膵臓・脾臓の損傷、出血で手術を受けました。手術を受けて14日目 食事はやっと重湯が始まったところです

●質問者: ゆぅ
●カテゴリ:医療・健康 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● きょくせん

重大な事故だったご様子、ご心配の事かと存じます。
私は医療用医薬品卸で薬をお医者さんに納入する仕事をしておりました。大学は生物学でしたが、そういった中で知った知識よりご回答申し上げます。医療関係者ではありませんのでその点はご了解ください。

ロキソニンはNSAIDsと呼ばれる消炎鎮痛剤の一種です。この作用機序は炎症≒免疫反応を引き起こすシグナルを途中で止めてなかった事にするというものなのですが、その作用上胃粘膜の新生などを遅らせる事が知られています。長期使用しているとNSAIDs胃潰瘍という病気を引き起こしたりもするのですが、短期の使用であれば……術後や受傷後の痛み止めということであればそのような重大な副作用は起きない……無視してよいものかとも存じます。それよりも痛いのをどうにかした方がいいですからね。

また、消化器官系の痛みにはNSAIDsなどは効かないというのもあります。多分こちらの方が『消化器系の術後は?』という話の元になっているのではないかと思うのですが、胃痙攣などにNSAIDsは効きません。ですのでそれには『ブスコパン』といった消化器官の鎮痛に開発された薬を服用しなければなりません。

が、今回のお話では大きな開腹手術だったと思われます。その傷の痛みを抑えるのにロキソニンが投与されているものと考えられますのでとりあえずお薬による術後の不利益というのはお考えにならなくてもよろしいかと思います。……最も、術後はもっと強い鎮痛剤も使っているかと思いますし、何より今は安静にしているためにも痛みを取り除く治療が優先される事かと思います。

文末ながらお知り合いのご快癒をお祈りしております。


ゆぅさんのコメント
わかりやすい説明で助かりました。 家族でないため、担当の先生に直接聞くことができず悩んでいましたが、安心しました。本当にありがとうございます
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ