人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

古い記事ですが、『違法ダウンロード爆増でDVD売れず、ついに韓国からハリウッドの全映画会社が撤退』http://gigazine.net/news/20081111_korea_dvd/ と報道されています。現在でも同様なのでしょうか? コンテンツ振興策を韓国はとっているので、このような状態はまずくないのでしょうか? 最近の韓国のコンテンツ保護の状況についての記事などがあったら教えてください。


●質問者: isogaya
●カテゴリ:ビジネス・経営 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● meefla
●100ポイント ベストアンサー

元記事が Gigazine なので、一応裏を取ってみました。
The Death of the Korean DVD Industry によれば、韓国における違法ダウンロードの主体は P2P ではなく、ウェブベースのストレージサービスのようです。
1テラバイトまで無料を謳い文句にしているサービスがあったり、ダウンロード数によってポイントが貰えて有料オプションの支払いに使えたりしたとか。

さて、Gigazine の記事が出た翌年の2009年に、「世界一厳しい」と言われる「違法ダウンロード禁止法」が韓国で発令されました。
以下、2011年1月23日付け、ニューヨーク・タイムズの Music Industry Braces for the Unthinkable と、2011年8月20日付け、エコノミストの Spotting the pirates から、簡単にまとめます。

この法律によって、違法な業者のネット接続を切断したり、業者のウェブページをブロックしたり、ストレージサービスをロックアウトしたり、ダウンロードする内容を教育的なものに強制的に変更したりできるようになったようです。
違法ダウンロードの数は減少し、法律施行後の半年間でデジタル音楽の売り上げが14%増加しました。
レコードの年間売り上げは、2007年に1340億ウォンだったものが2010年には2070億ウォンになっています。
数年前に韓国から撤収していたユニバーサル・ミュージックやソニーやワーナーも、韓国の音楽事情を調査するなど、韓国マーケットへの再進出の動きを見せているようです。

ハリウッドの映画会社が韓国に戻るにはまだ時間がかかるでしょうが、2008年とは状況は違っている、と考えられます。

以上、お役に立てることを祈りつつ。


isogayaさんのコメント
いい情報ありがとうございました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ