人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

お身内にご不幸があり、葬儀を手配し行った経験がある方におききしたいです。
葬儀社を決めるまでの間に、お困りになったことがあれば教えてください。
また葬儀社選びにおいて「こんな“情報”“知識”があったらよかった」ということはございますか?
私どもは、葬儀社選びのポータルサイト「みんなの葬儀」を運営しております。
http://www.minnanosougi.com/
よりみなさんのお役に立つサイト作りのために、実際に葬儀を行った方のご意見を頂ければと思います。
(※お身内を亡くされた方へ、心よりお悔やみ申し上げます)

●質問者: minnanosougi
●カテゴリ:生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● fmht7
●63ポイント

新年あけましておめでとうございます。
身内の不幸がそろそろと心の準備とともに身の回りの準備をする時間があれば良いのですが
急なことも多いと思います。また、急いで葬儀社など決めたりするなど、十分な検討もできず後悔することも少なくないと思います。
いざことが起こってから、迅速に情報を検索、比較できる作りになっていると大変ありがたいと思います。
できれば電話で相談や手配ができるとベストだと思います。
各葬儀社からのスポンサードで利用者の負担はなくそんなサービスが提供されたら助かる人が多いのではないでしょうか。


minnanosougiさんのコメント
ありがとうございます。ふむさんご自身は、どんなことにお困りになられたのでしょうか?

fmht7さんのコメント
葬儀社を決めてしまえば後はお寺さんの手配その他基本おまかせでしたので、 どの葬儀社にお願いするか、自分達の身の丈、要望にあったところを速やかに見つけられるまでの手伝いをしてもらえると助かると思いました。 とにかく突然のことにもかかわらず猶予がないので手近で無難なところで決めないといけないので満足いくまで選んでいられないところを改善されたら良いと思います。

minnanosougiさんのコメント
ありがとうございます。満足いくまでゆっくりと検討するほど時間的に猶予がない中で、自分達の身の丈、要望にあった葬儀社を速やかに見つけられるとよいという事ですね。

2 ● l54o
●63ポイント

料金がはっきりしない部分がありました。

ちゃんと葬儀はしてくれたんですが、 何にいくらかかるのか詳細が欲しいです。


minnanosougiさんのコメント
やはり、何にいくらかかるのか?詳細知りたいですよね。お聞きしたいのですが、そもそも「何が必要なのか?」「省いてもいいものは何か?」というのはわかりましたか?

3 ● Miyakoh☆
●63ポイント

昨々年末、父を亡くしました。
うちは、以前から付き合いのあったお寺さんと業者さんがあったので
困ったところは全くありませんでしたが、それがない人だと
祭壇、霊柩車、火葬、送迎。これらの価格が比較・選択できると助かると思いました。
特に祭壇と霊柩車の価格はピンキリなので、詳しく説明していただければ
安心できると思います。


minnanosougiさんのコメント
ありがとうございます。祭壇は価格の差も実物の差も大きいですよね。詳しく説明できれば安心できますね。

4 ● nawatobi_penguin
●63ポイント ベストアンサー

父方の祖母と母方の祖父がこの数年で亡くなりました。


父方の祖母の葬儀は生前にどういうものが良いのか聞いてあったのと
よくシステムを理解している生協の葬祭サービスを利用したので不都合はありませんでした。


母方の祖父は急に亡くなった上に、地縁の濃い地域なのでそれだけでも大変でしたが、利用した葬祭サービスが不慣れであった上に湯灌も簡略で親族が顔を脱脂綿で拭くだけでしたので「内容を知っていればこちらで髭剃りくらいしたのに」と立ち会った親族で悔やみました。


病院でも処置はしていただけるのですが、
葬儀までに間が空くと亡くなったといっても皮膚など組織は生きていて男性ならヒゲが伸びてしまうようです。
また、寝込んでいた期間が長いと病院でしていただく処置以外に
湯灌として遺体を洗ってもらい死に化粧をお願いできるサービス(儀礼的に親族立ち会います)をどれくらいお願いできるのかが分かると有難いです。


minnanosougiさんのコメント
ありがとうございます。生前にご希望をお聞きになっていたのですね。大切なことですね。湯灌も簡略なものであれば、確かにご遺族で行う事が出来そうですね。また、確かにホームページ上で「湯灌」と書かれていてもそれがどのような内容なのか?まではなかなか把握できないですね。

nawatobi_penguinさんのコメント
父方の祖母は元気な時にカタログを見て、「お花はフリージアで御棺は内側が布張りが良い」とのことだったので楽だったです。 葬祭会社が生協系なため生協の宅配サービスのチラシに定期的に案内があったりセミナーを開いているので、タブーな感じを受けにくかったのも大きいです。 湯灌代も結構かかったのですが親族立ち会いの元、シャワーでしっかり全身洗って頂いてから死に装束に着替えて、やつれていたので少し頬に詰めて死に化粧をしていただけました。 湯灌は値段によって大体分かるのですが、母方の祖父の場合は湯灌代があまりに安いので「死に装束を着せていただく+α」くらいなのだと予想していましたが、αの部分が想像以上に簡易だったので驚きました。

minnanosougiさんのコメント
ありがとうございます。元気な時にカタログを見て花の種類やお棺などかなり具体的に選んでおられたのですね。セミナなどにも参加されて準備されるとやはりいざという時にあわてなくて済みますね。 最近は“拭く”だけの簡易湯灌といって、納棺の前にアルコール綿で故人の身体を拭いてあげるだけのケースも多いようです。同じ湯灌でも、簡易湯灌なのか?全身を洗うきちんとした湯灌なのかが分かるといいですね。

5 ● pretaroe
●62ポイント

何かを決めるときに、
喪主に決定権があまりなく
周りの親戚連中などが金も出さないのに
勝手なことを言って困りました。


minnanosougiさんのコメント
ありがとうございます。pretaroeさんは、この困った状況でどのように対処されたのでしょうか?教えていただけたら大変助かります。

1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ