人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

棒人間を上手に書く方法を教えて下さい!

●質問者: 初期化したZE!w
●カテゴリ:趣味・スポーツ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● まっちゃ☆
ベストアンサー

足の長さが一番のポイントですか・・ね。
長い短いによって棒人間全体のバランスが決まってきます。
しかしこの質問には絵の棒人間動かす棒人間かが書いていませんのでどう説明すればいいのか・・
自分は動かす棒人間派なのでそっち側で説明させてもらいますね^^;
とりあえずメリットとデメリットをサイズ比較で言っておきましょうか。
(パキパキ=次々との行動に予備動作がなく動きに速さが感じられる)
↑は主に迫力を出すため1対1に向いている
(ヌルヌル=動きに移る前の動作がはっきりしていてどう動くのかがわかりやすい)
↑は主に行動を表すため冒険やストーリーに向いている
=================================
2頭身サイズ
その名の通り2頭身。頭と体の大きさが同じ大きさで成り立つ小さめの棒人間のことです。
メリット
・あえて頭を同サイズでコピーしておけばその頭に体を合わせるため書いていく中で大きさを間違えることがあまりない。
・自然とヌルヌルな動きになり、個性が表れる。
・小さいということは周りが余るため冒険メモに最適。
デメリット
・頭以外あまりに小さいのでオリジナル棒人間(オリ棒)が作れない。
・描きにくい(体が線でつぶれてしまう)
・俊敏な動きができず、パキパキな動きに不自然さが表れる。
参考↓(じょーさん様より)

=================================
3頭身
うまい具合にバランスがとれていて動きにもしっかりさが出ている。
しかしこのあたりが一番難しかったりする
メリット
・動きが分かりやすい。
・保良いサイズが場を生み出し、1対複数が最適。
・頭と体が共に改造可能でオリ棒にはオススメ。
・ヌルパキ派にぴったり。
デメリット
・普通に描くとバランスが偏る場合が多く、どうしても2or4頭身になりがち。
・エフェクトがきついかも知れない。
参考↓(なおと様より)

=================================
4頭身
はっきり言えば1番使用者が多いサイズ。自分も使用していた。
バランスは「頭」「体」「腰」「脚」にうまく分かれるため漫画にも最適。
メリット
・とにかく動かしやすい。細ペンだろうが中ペンだろうがスラスラ描けてしまうほど。
・改造の幅が広がり、「マント」や「尻尾」も付けれるようになった。
・主に足がしっかり地をつかむのでパキパキな動きだと自然になる。
・スピード7にも適応(基本はスピード6)
デメリット
・棒バトル系に慣れていない人がいきなりやると動きがガタガタになったりする。
・メモリを多く使うため540ページくらいしか持たない。
・エフェクトにあまりこだわると全体がなんか止まった感じになる。
参考↓(Chivalry-様より)

こんなですかな。


初期化したZE!wさんのコメント
すごいほどわかりやすかったです! あまりにも説明がわかりやすくてビックリしましたΣ(゚Д゚) 良い回答ありがとうございます! これは ベストアンサーですね!

まっちゃ☆さんのコメント
ベストアンサーありがとうございます^^ 他5頭身(GS様など)がありましたが時間の問題で省略してしまいました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ