人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

マンション騒音問題で困ってます。

●先方
外国人で国内外の家族(大家族で2桁人数の兄弟とその家族)が頻繁滞在。騒音は壁床への衝撃音、こする音、ひきずる音、大声など。言い分は「子どもがしていることだから仕方ない」「パーティーをするのは私たちの国のスタンダード」。

●これまでの対応
新聞受け手紙投入、床を蹴って応戦(一時的に軽減)、管理会社&管理組合相談(「当事者で解決」のスタンス)、先方の賃貸契約不動産会社への注意喚起依頼、オーナーさんに陳情(お門違いでした。恥ずかしいです)、管理組合理事長を介しての主張文書交換(平行線で終了)、騒音計レンタル(先方留守で失敗)、110番通報(酷い騒音のたびに通報。殴り合いになりそうな程関係が悪化しているため「接触せず通報」とアドバイスされています)

上下左右は空き家やセカンドハウスなどで「生活している」人がおらず共闘できません。通報後の逆切れ(ドア蹴り・ピンポン連打・罵倒)などもあり怖いです。

私の望みは「騒音と脅しをやめさせたい」と「売却活動に支障を出したくない」です。皆さんならどうしますか?自分にとって不名誉な手段でも構いません。宜しくお願い致します。

●質問者: darekopi
●カテゴリ:政治・社会 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● jpops
●66ポイント

言っちゃ何だが・・・
柄の悪いお国の方々も多く日本に来ています。


特に日本に批判的なお国の方々も来る。
そして自己主張ばかりする・・
日本国中、このようですから、僻まないように、カッカしないように、損するばかりですから。


だいたいにおいて、どういう国の方だか、質問者ならびに、読んでくださった方がたも想像に難くないでしょう?


上記をみると常識的な対策は全部やっておられると思います。
かくなる上は、その方のお国の大使館に事情を話すことをお勧めします。
「札付きのワルだから・・・」とうけてと流されることもありますが、そこは「恥ずかしくないですか?」とハッキリいってやりましょう。
警察にも通報していることもハッキリというべきです。


これも一つの対処方法であることを申し上げておきます。


それともうひとつ・・・
そういう国の方々は案外と気が小さいです。
やはり後進国なのです。
人情に深く響くようなことを態度でしめすと味方だと思って打ち解けてきますよ。
変な方向ですが、そういう部分から仲良くなってやることも、また一つの解決法なのですが・・・
いかがなものでしょうか?


郷に入れば郷に従えって程、頭のいい人間ばかりでない人数が日本に来ているのです。
彼らは日本に来れたのがラッキーで、ラッキーで、はたまたエリートの証しなんですってばサ!


darekopiさんのコメント
ご回答ありがとうございます。 ご想像の国の外国人ならまだ諦めがつくのですが、悲しいことにGDP1位の某国なんです。人種はマイノリティですが。 大使館に話すというのは今まで思い付かなかった選択肢でした!オプションに入れたいと思います。

2 ● kodairabase
●62ポイント

騒音被害の禁止申入れ・損害賠償請求は内容証明で
http://www.naiyoushoumei-elp.com/service/immovables/noise_damages.html


darekopiさんのコメント
次のステップとして内容証明を考えてました。情報ありがとうございます。

3 ● 朝霞(あさか)
●62ポイント

騒音問題について参考になるページがありましたので紹介します。
上階・子供の騒音から調停 : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0121/289406.htm?o=0

回答されている方の話の中で、

大変ですね。マンションサイトにあった弁護士・田中峯子さんによると、騒音と認めるには民法709条の不法行為を構成する程度でなければなりません。つまり他人の権利を害するという故意、過失が必要です。『受忍限度』という基準で判断しました。
『受忍限度』の判断は具体的に決まっているものではなく、突き詰めて行けば担当裁判官の判断となります。
遮音等級では、L値55で「少し気になる」程度であり、L値60は「やや気になる。お互いに我慢できる程度」といわれています。そしてL値65では「気になる。子供がいると階下から文句が出る」といわれており、L値というのは、騒音測定器というのが、各区、各市の公害課にあって、東京都では無料で貸してくれます。その測定器でまず自分で測定。

とあります。どれくらいの期間、騒音測定器を貸して頂けるか分かりませんが、とにかく具体的な数値=データとして残さないと、民事に持ち込んだとしても、裁判所の判断材料にならないのではと個人的に思います。

ただ、miharaseihyouさんもコメントしてらっしゃるように金の無いところから金は取れないのが、民事の賠償請求の基本です。
データを取りつつ、訴訟を視野に入れているようであれば、自治体の無料法律相談等でご相談下さい。


darekopiさんのコメント
ご回答ありがとうございます。 おっしゃる通り騒音絡みの損害賠償はかなり難しいらしいですね。本心は出てって欲しいのですが騒音主も借地借家法で守られているため、たとえ勝訴して賠償金を受け取れても退去は請求出来ないので根本解決にならないというのを知り、絶望しました…。 しかし厳しい現実を改めて認識できました。ありがとうございました。

4 ● Yoshiya
●62ポイント ベストアンサー

まずは家主及び管理会社を通じて相手方に注意を促すのが通常の方法ですが、質問者さんが既に実行しているという事なので、簡易裁判所に民事調停を起こす事をお勧めします。
(いきなり損害賠償訴訟をしても裁判官から調停を促されるだけです。(調停不成立の場合は訴訟による決着))

「民事調停で解決」しませんか?(公益財団法人日本調停協会連合会)

裁判所の民事調停は,家事・刑事事件以外のすべての法律上の問題・トラブル・事件を扱います。
裁判と異なり,裁判官と調停委員(2名以上)が,言い分をていねいに聴いた上で,互いの話合いを手助けし,公正な判断のもとに調整を行います。また意向に反した内容を強制的に取り決めすることはなく,納得のできる解決をはかります。
調停制度は,90年近い歴史のある司法型ADR(裁判外紛争解決手続き)です。


民事調停で合意された内容は裁判の判決と同じ効力を持ちますので、相手方が合意内容を反故にした場合は、強制執行を起こす事ができます。
また、調停がまとまらない(調停不成立)場合は、そのまま民事訴訟に移行できますので、調停を提起する事が無駄になる事がありません。
(民事訴訟は原告だけで提起する事ができますが、通常は弁護士に訴訟代理人を頼む事になります。
その場合は訴訟費用がかかりますので、民事調停だけで解決すれば費用は殆どかかりません。)

民事調停の方法については、下記のサイトを参考にして下さい。

民事調停のメリット(日本調停協会連合会)
民事調停の流れ(日本調停協会連合会)
民事調停をご存じですか(裁判所HP)
民事調停(裁判所HP)


民事調停についての詳しい情報は、お住まいの管轄にある簡易裁判所にお問い合わせ下さい。


お住まいの住居の売却の件ですが、住居の騒音問題を買主に伝えないと、売却後に買主から告知義務違反(報告義務違反)で訴えられる可能性があります。
(瑕疵担保責任・民法第570条)
不動産業者にお住まいの住居を売却する場合は、近隣との騒音問題をクリアにしておくか、騒音問題がある事を不動産業者に伝えておく事が必要だと思います。
(騒音問題により売却価格が相場より下がった場合でも、損害賠償を求めるのは難しいと思います。)

お住まいの市町村役場には、定住外国人に対応する部署(通常は住民課)がありますので、そちらにも相談される事をお勧めします。


darekopiさんのコメント
ご回答ありがとうございます。 実は理事会を通して双方主張を交換した際に決裂して、さらに報復的な騒音を立てられたため民事調停に踏み切ろうとしたのですが、直後騒音が激減。先方が理解してくれたものと認識して調停をやめました。 そのタイミングで、もし再発した場合は飼い主さんに申し訳ないと思いつつ、売却活動を開始。不動産会社には(汚いやり方だと自分でも思いますが)「階下の騒音があり管理組合に対処を依頼したことがある」とのみ伝えました。そしてまた騒音が再発した次第です。 今からでも洗いざらい不動産会社に言った方がいいでしょうか?そうした場合、先方の賃貸契約している不動産会社に、騒音・ハラスメントをやめるように業者同士で話し合いしてくれたら、と思いますが図々しい期待ですかね。。 ありがとうございました!

Yoshiyaさんのコメント
>今からでも洗いざらい不動産会社に言った方がいいでしょうか?そうした場合、先方の賃貸契約している不動産会社に、騒音・ハラスメントをやめるように業者同士で話し合いしてくれたら、と思いますが図々しい期待ですかね。。 売却を視野に入れているのであれば、売主に今までの経緯を話した方がいいと思います。 騒音問題をウヤムヤにしたままでは、不動産業者も物件の購入に二の足を踏むでしょうし、仮に購入しても転売もしにくいと思います。 不動産業者が転売をした後に騒音問題が再燃すると、回答にも書いた様に質問者さんが瑕疵担保責任を問われる可能性があります。 そこまでのリスクを犯してまで物件を売却するのは、はっきり云って無茶だと思います。 買主の不動産業者が質問者さんに変わって、家主や物件の仲介をしている不動産業者に交渉をしてくれるとは、通常考えられません。 あくまでも売主である質問者さんが解決すべき事案です。

darekopiさんのコメント
再度のご回答ありがとうございます。 いわゆる買取制度は価格下落を理由に避けたかったのですが、ご回答を読むにつれ、そうも言っていられないと認識しました。 いずれにせよ仲介業者さんにすべて話すことにします。ありがとうございました!

5 ● jpops
●62ポイント

2回目回答さしてもらいます。


それってアメリカ?
だったら話早いかも。
アメリカって恥くらいは知ってるでしょ。
大使館、または勤め先って手もありますよ、文句の言いドコロとして。


人種はマイノリティなのか、そうか、そうか・・・


ヤンキーさんってことか・・・


一つの知恵というか傾向として、そういうバカ騒ぎは長続きしないってこともあります。
金次第ですから。
ほとぼりさめるまで待つというか、ほとぼりを冷ましてやったら?
それは大使館、または勤め先、もしかして軍かも。
上司みたいな立場の人を利用する!


だけど売却とかいうけれど長い目で見て損しないか?
あっと言う間に片着くってことも考えてますか?


本国ではさびしい立場のひとが多いのです、そういうことする人は。
基本的にはバカにしているのよね、日本人のこと。
失礼しちゃうけど、そんなもの・・・です、意外と浅はかなんです。
それも頭に入れておいて下さい。


とにかく相手は大柄見たいだから(笑)、変な怪我しないように、老婆心だけど。


darekopiさんのコメント
再度のご回答ありがとうございます。 おっしゃる 浅はか という表現にそうそうと頷いてしまいました。大人なのに物凄く考えが浅い感じなのです。素性丸わかりなのに玄関ドアを蹴り上げたり、公道でハラスメントしてきたり、自分の不利になりかねないことも平気みたいです。不思議ですね…。 なんだか元気付けられるご回答、ありがとうございました!

1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ