人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

性格、行動傾向の分析方法を教えてください。

ビジネスでとあるチーム分けをしたいと考えています。
そこで、バランスの良いチーム分けをしたいので、性格や行動傾向を分析する手法を教えてください。
エゴグラムだとかエニアグラムといったテストがあると思います。
世の中にどのようなテスト方法があるのかが知りたいです。


知りたいことは、コミュニケーションに対して積極的か消極的か自己顕示欲が強いほうか逆か
協調性のあるほうか、個人で作業する方がすきなタイプかなど。

簡単な説明も添えていただけると助かります。


●質問者: pinkymonk
●カテゴリ:ビジネス・経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ
●17ポイント

http://www.egogram-f.jp/seikaku/

エゴグラムは いかがでしょうか?


pinkymonkさんのコメント
おっこれは。いいですね。

2 ● Hyperion64
●17ポイント ベストアンサー

人事関係専門サービスにおける産業心理テストの概要をまとめてみました。

対人能力の診断ということでは、対人能力向上診断というのがあります。
行動特性(エゴグラム診断)、対人態度(ライフポジション診断)、対人行動(ストローク診断)、ストレス要因(ドライバー診断)の4つの切り口でメンバーを診断します。
評価のためというよりは、今後の職務遂行能力の向上のために行うものです。
これは日本能率協会のTAS(対人能力向上)診断に相当します。

長期的な視点で、すでに職場で働いているメンバーを評価して、そこからチーミングなどを検討するという状況からしますと「コンピテンシー把握」も適しているのではないかと推察します。
コンピテンシーとは

を意味しています。具体的には、成果を出しているメンバーとそうでないメンバーの差異を明確にして、貴社職場における重要な行動要件を把握することから始めます。

その把握方法としては、多面観察評価手法があります。
かいつまんでいうと、本人自身の職務遂行行動の評価と上司・同僚の評価を重ねあわせてギャップを認識させる/把握することで、能力開発やチーミングに利用することができるのですね。
これは日本能率協会のNAVI360に相当します。


pinkymonkさんのコメント
すばらしい説明をありがとうございます。 参考にさせて頂きます。

3 ● pretaroe
●17ポイント

http://www.stresscare.com/info/ego.html

このあたりがお手軽でお勧めできます。

>コミュニケーションに対して積極的か消極的か自己顕示欲が強いほうか逆か
協調性のあるほうか、個人で作業する方がすきなタイプかなど。

ストレス耐性とかをチェックするものが
結構そのあたりが良くわかるようになってます。


4 ● n-ko
●17ポイント

コーチングの会社による「4つのタイプ分け診断」を利用したことがあります。
コミュニケーション方法や行動から以下の4つのタイプに分類します。
・コントローラー
・プロモーター
・アナライザー
・サポーター
バランスのよいチームづくりという目的に、比較的マッチする手法ではないかと思います。
http://www.coach.co.jp/type/


5 ● おやまあ
●16ポイント

以前スタンフォード白熱教室で紹介されていました。

http://www.keyis9.com/?eid=43
http://maq-inc.jp/?p=3807
「6色の帽子」は、創造的思考法のスタイルを6つに分類したもの。
帽子の色は、チームの中で、仕事をする時のスタイルを表す。

グリーンの帽子:創造性でリードする。アイデアを作り出す人。
ホワイトの帽子:事実を重視。データ好き。
ブルーの帽子:プロセス重視。段取りが好き。経営学者に多い。
イエローの帽子:和を重んじる。楽観的。チームの仲間がうまくやっていくように行動する。
レッドの帽子:感情で人を動かす。直感を重視。芸術学部に多い。
ブラックの帽子:ダメ出し屋。問題点を指摘。


pinkymonkさんのコメント
僕の求めてる診断ではないですが、面白いですね!

1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ