人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近、右足に胼胝(たこ)が増えてきてしまいました。


単刀直入にいいます。胼胝をとる方法を教えてください。


発端は小学五年生の夏頃、小さいサンダルを履いて毎日スイミングに行っていたことから始まりました。親指と足の間接部分に大きな胼胝があります。原因は、小さいサンダルを無理に履いていってしまったことです。しかしさらに、右足の小指と薬指の間にもひとつ、今は、人差し指と中指にもできてしまっています。この3つは原因不明ですが、今4つ、右足に胼胝がある状態です。


(URLが添付してあると、尚嬉しいです。ただし、添付しなくても結構ですよ)



●質問者: スパロウ
●カテゴリ:医療・健康 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou

http://www15.plala.or.jp/miagolare/index_shoes.html

おそらく靴の選び方や履き方に問題があると思われます。
通常では靴の幅と長さを合わせる選択肢しかありませんが、可能なサイズをキチンと合わせるだけでもかなり楽になるはずです。

日本は靴文化に関しては世界有数の後進国です。
元が草履や下駄なのだから、他の国とは土台が違う。
おまけに大量生産によるコストダウン至上のお国柄ですからレギュラーサイズ以外はメーカーが作ろうとしない。

履き方の基本は
?、座って履く。
?、足首を曲げて爪先を上げ、踵を靴の後部に押しつけるようにして履く。
?、甲の部分は絞める。
です。

足の五本の指は自由に動き回れる状態でなければなりません。
しかし、幅や甲の高さ、長さ、捨て寸、足先の形などが合わないと不具合が出ます。
踵や土踏まずの部分も色々あって、理想的にはオーダーメイドです。

兎に角、丁寧にキチンとした履き方をして、長さと幅の合った靴に変えるだけで、胼胝や水虫や血行不良や、場合によっては腰痛や内臓疾患まで快方に向かいます。
合わない靴を履いていると寿命を縮めます。
出来れば一度、シューフィッターのいるお店で足の計測をしてもらって、予算が許せば一足作ってみる事をお勧めします。


スパロウさんのコメント
前回ははれぼったいでしたね!胼胝に関しても、同じだということがわかりました!ありがとうございます!

2 ● uwao

イボかもしれません。
イボはウィルスなので、長期間放っておくと、転移する可能性があります。
また、イボは市販薬で治らず、失敗すると広がってしまう事もあるようです。
早めに皮膚科に行って、診てもらった方が良いと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%9C


多食斎友好=世田介さんのコメント
やはり『早めに皮膚科に行って、診てもらった方が良い』が一番優先すべきでしょうね。タコであれ、イボ、魚の目もれっきとした「皮膚病」ですから、専門家からの指導・治療が治す早道だと思います。 靴のはき方やサイズの不一致、足の手入れの是正は必要かもしれませんが、状況が正確につかめませんので、何ともアドバイスはできません。治療中に適正な靴や、手入れの方法は刻々と変化するはずです。

スパロウさんのコメント
一度、ウオノメになったことがあるので、もう一度検査してみたいと思います。 回答ありがとうございました!!

スパロウさんのコメント
魚の目ではありませんでした!!

3 ● kumonoyouni
ベストアンサー

魚の目と”たこ”の見分け方 写真で学ぶ!魚の目・タコの原因と治療法
がご参考になるかと思います。

「魚の目」と「たこ」の違い、治療方法が書かれてます。

ご参考になれば幸いです。


スパロウさんのコメント
おお!URLも添付していただきありがとうございます!一回、魚の目になったことがあるので、見分けはつくのですが・・・。それでももしかしたら『魚の目』じゃないと勘違いしているのかもしれません!見てみます!

スパロウさんのコメント
魚の目ではありませんでした!!

スパロウさんのコメント
今回は、胼胝を治療することをまず第一としていたので、治療法がかかれたURLを添付してくださった、ID:kumonoyouniさんをBAとさせていただきます! 回答してくれた3人の方々、ありがとうございます!!
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ