人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ある憧れの方にお手紙を差し上げたら、お返事を頂いたのですが、「お返事をくださったことに対するお礼」はどのように書けば自然でしょうか?
「お忙しい中わざわざお返事を頂き恐縮しております」など考えたのですが、その方が文中で私について褒めてくださったので、そのことにも「恐縮しております」を使いたいのですが、重複してしまうので何か「恐縮しております」以外で良い言い方はありませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

●質問者: k3131zuta
●カテゴリ:生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ●

「お忙しい中わざわざお返事を書いていただき誠にありがとうございます」
はどうでしょうか?
私だけかもしれませんが、「恐縮しております」よりも「ありがとうございます」
のほうがいわれてうれしいです。


k3131zutaさんのコメント
ご回答ありがとうございます。 なるほど、「ありがとうございます」という身近な言葉で、素直にお礼を申し上げたほうがいいかもしれないという事ですね。「言われる側」からの貴重なご意見、非常に参考になりました。ありがとうございました。

2 ● kumonoyouni
ベストアンサー

個人的には恐縮しているより、嬉しい気持ちに溢れているほうがいいと思います。

以下、参考例です。(ちょっとオーバー気味に書いてますが適当に修正してください)

ご多忙中にもかかわらず、ご丁寧にお返事いただき、誠にありがとうございます。

手紙の差出人を見た瞬間、まさか、憧れの○○様からこうしてお返事をいただけるとは夢にも思わなかったものですから嬉しい驚きでいっぱいで、正直、手が震えて封がうまく切れませんでした。それから頂いたお返事を何度も読みかえし、これは早速、お礼の返事を書かねば・・・と思ったものの興奮のあまり何から書いていいか私、少々混乱気味です。もし文中で失礼がございましたらご容赦ください。

*** 省略 ***

社交辞令と分かってはいるものの、お褒めにあずかり、光栄に存じます。

*** 省略 ***

最後に、立春とは名ばかりで、まだまだ寒い日が続いておりますが、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申しあげます。

乱文乱筆失礼いたしました。



ご参考になれば幸いです。


kumonoyouniさんのコメント
補足です。例文は目上の人向けにちょっと堅苦しい感じで書いてますが、もう少しフランクに書くとこんな感じになります。 ■冒頭 >> <例文1> ご多忙中にもかかわらず、(私のようなものに)ご丁寧にお返事いただき、ありがとうございます。 <例文2> ご多忙中にもかかわらず、(私のようなものに)ご丁寧にお返事いただき、感激してます。 <例文3> ご多忙中にもかかわらず、(私のようなものに)ご丁寧にお返事いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 <例文4> ご多忙中にもかかわらず、(私のようなものに)ご丁寧にお返事いただき、非常に嬉しくお返事拝見しました。 << ■褒められたときの感謝の気持ち >> <例文1> (そんなところまで見て頂いているとは)とてもうれしかったです。 <例文2> (そんなところまで見て頂いているとは)お気づかいいただき、ありがとうございました。 <例文3> (そんなところまで見て頂いているとは)お心配り、感謝いたします。 << ■結びの言葉 >> <例文1> まだまだ寒い日が続いておりますが、どうかお体に気をつけて、今後ますますのご活躍をお祈り申しあげます。 <例文2> 最近、私の周りでは風邪やインフルエンザが流行っているようです。 どうかお体に気をつけて、今後ますますのご活躍をお祈り申しあげます。 << ■その他 >> 本当はもっと早くお礼を申し上げたかったのですが、いろいろ考えているうちに返事が遅くなっていまい、すみませんでした。 << ご参考まで

k3131zutaさんのコメント
非常にご丁寧なご回答をありがとうございます。なるほど、嬉しいのですから嬉しい気持ちを表したほうがいいというのは、本当にそうかもしれませんね。 例文まで作っていただいて、大変参考になりました。 仰るとおり、なるべく嬉しいという気持ちが溢れているような文章にしたいと思います。 ありがとうございました!
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ