人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【国家公務員給与を削減する特例法案】民主、自民、公明の3党は1月25日、人事院が勧告した0.23%の引き下げを実施したうえで、今後2年間、平均で8%の引き下げを行うことで合意したとのこと。この内容で法案が成立すると、0.23%の引き下げで俸給表の改定が行われ、この附則部分において今後2年間、平均8%の引き下げが行われる旨が具体的に述べられるということになるのでしょうか?平均8%削減の部分は2年間限定の取り扱いのため、退職金の算定にはねかえる俸給表を引き下げる改定にはならないと思うのですが、事情に詳しい方からの回答をお願い致します。

●質問者: Toshihiro
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ