人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

太陽が消滅してしまう事はやっぱりあるんでしょうか?
また消滅した場合人類は生きていけますか
何か追記があればコメント覧に書きます。

●質問者: カルタ
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kanta-id

します。太陽にも物質があり、それが無くなれば消滅します。例えるならお金が100円あります。そしてうまい棒を10本買えばなくなります。そんなかんじです


2 ● kanta-id

します。太陽にも物質があり、それが無くなれば消滅します。例えるならお金が100円あります。そしてうまい棒を10本買えばなくなります。そんなかんじです
そして、太陽が消滅すれば放射能なんかよりすごい線が地球や他の太陽系にも被害が及ぶので生存する確率は、ほとんどありません


カルタさんのコメント
分かりやすい回答有り難うございました^^* 成る程です(`・ω・′) うまい棒に例える所とか分かりやすかったです((

3 ● こっば

いずれは消滅するでしょうね。
http://flatout.main.jp/column/sun/

太陽が消滅したら人類は何日生きられるか?
http://unkar.org/r/sci/1171567560
見てみると、ちゃんと書いてあるものもあるので、いいかと。


カルタさんのコメント
分かりやすい回答有り難うございました^^* サイトを二つも載せて頂き感謝です//

4 ● hissssa
ベストアンサー

消滅という言葉の意味にもよるかも知れませんが、太陽そのものが完全に無くなることはまずありえません。
太陽は、その構成物質が自分の巨大な重力で核融合することで巨大なエネルギーを発して燃え続けています。今は主に水素を核融合してヘリウムにすることでエネルギーを出してますが、将来的に水素が減ってくれば今度はヘリウムを核融合します。そうやって軽い元素を重い元素にしていくわけですが、この核融合には限りがあります。
重い元素になればなるほど、続く核融合で放出されるエネルギーは減っていき、最終的には鉄が終点になります。鉄は核融合してもエネルギーを出さないので、太陽の中では鉄やその付近の元素がどんどん溜まっていくことになります。

やがて遠い未来(100億年くらい先)に太陽が燃え尽きる時は、そういった元素で出来た中心核だけが残ることになります。大きさは地球くらいですが、今の太陽の質量の大部分が凝縮しているため物凄い重力があります。この強力な重力で原子自体が潰されて、原子核と電子が混ざって物凄い密度を持つ縮退物質で構成された「白色矮星」です。

そうなった時に人類が生きていけるかどうかは分かりませんが、100億年も先に人類が生き残っていれば、そのくらい何とかするだけの科学力は持ってそうな気がします。


カルタさんのコメント
とっても丁寧に回答有り難うございました^^* 元素とか物質などは苦手ですが分かりやすかったです//

5 ● たけじん

太陽はここ数億年は今のまま、と予測されています。のんびり構えていていいと思います。
しかし、人類はあと100万年もたったら、どうなってるかわかりません。ということで、太陽の消滅の前に、人類の終焉がありそうです。
進化とか、生息環境とかで、万年単位で危機にさらされていると思われます。
太陽の変化は、数十億年単位で、膨張と収縮ののち矮星化すると考えられていて、まったくなくなるということはないでしょう。

そして、太陽の内部で作られた各種の元素は、宇宙に散らばり、新たな星と新たな生命の元となっていくのです。明日明後日に何か起こるということはないですから、あまり心配する必要はないですね。


カルタさんのコメント
そうですね、人類は存在してないかもですね。。 2つも回答有り難うございました//
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ