人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本で黒板の主流が緑色になったのは、およそいつごろですか?

●質問者: 心は萌え
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● kitabooks
●29ポイント

http://www.kokuban.or.jp/topic/index.html
1954年にJIS規格によって緑色に変わりました。

昭和27年、資材の調達も含めて、日本工業規格表示工場の許可をめぐって黒板工業連盟を結成する運びとなり、昭和29年、JIS規格が制定され、塗面が黒からグリーンに変わりました。

http://kuwadong.blog34.fc2.com/blog-entry-1547.html

やがて、第2次世界大戦が終わった後の、1950年ごろまでは、まさに黒色の黒板であったが、黒字に白い文字はかえって見にくいという指摘がなされ、目にやさしいとか、チョークとの色彩コントラストを配慮して1954年(昭和29年)黒板がJIS規格である「JIS S 6007」で「緑色」にすることが決められ、その後、「緑色」が普及したが、呼び方は、そのまま「黒板」のままで使われているのだ。


2 ● takenori-tomomi
●29ポイント

昔は、外国から輸入してブラックボードという名前でしたが、1874年から日本で製造されてその時に緑色になった。


心は萌えさんのコメント
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%9D%BF 確認しないとわかりませんが 1874年?1876年、国産初の黒板が製造される。当時の黒板は、簡易的なものとして墨汁を塗った上に柿渋を上塗りしたもの、あるいは硫酸鉄と煎液を混合して塗ったものだった。 大正初期、それまで黒板は仏壇屋や漆工芸屋などが作っていたが、このころ黒板専業メーカーが出現し、その技術の高さから朝鮮や満州など海外にも多く知られるようになった。 太平洋戦争前後、黒板の命ともいえる輸入品の漆が入手困難となり、黒板メーカーが材料調達に苦労した。 とのことなので、日本発の黒板は 漆色であり、どちらかというと黒色であったかと思われます。

心は萌えさんのコメント
http://www.kokuban.or.jp/topic/index.html 全国黒板工業連盟 さんのページでも同じでした。 一番古い団体さんみたいですし、直接聞いてみないことにはわかりませんが、1874年から緑であったという可能性は低そうです。 また、終戦直後などは生漆が手に入らないために、違う色だった可能性もありますが、これも聞いてみないことにはわからなさそうです。

3 ● amai_melon
●29ポイント

昭和29年 黒板のJIS規格が制定された。また、合成塗料の開発により、 黒板の板面が黒からグリーンに変わってきた。

http://homepage2.nifty.com/osiete/seito198.htm


4 ● mikayuchon
●29ポイント ベストアンサー

こういうことだそうです。
http://www.nichigaku.co.jp/pages/qa02.html
私も見て関心しました。


5 ● gtore
●28ポイント

1954年 (昭和29年) 7月頃といえますね。

JIS S 6007 - 黒板 - 制定 1954/7/20

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E8%A6%8F%E6%A0%BC%EF%BC%88%E6%97%A5%E7%94%A8%E5%93%81%EF%BC%89%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ