人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

七味唐辛子は、六味や八味ではなく、なぜ「七」なんでしょうか?

●質問者: くりす
●カテゴリ:グルメ・料理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● Gleam

http://okguide.okwave.jp/guides/44586
>そして肝心のなぜ『七味』なのかですが、七福神・七五三など『七』が縁起のよい数字であったということに由来しますが、(後略)


くりすさんのコメント
なるほど!縁起が良いからなんですね。

2 ● 無頼庵

七味唐辛子のおはなし(http://www.geocities.jp/maruhotigar/sitimi.htm)によれば、ルーツがそのものズバリの七種類の薬味であったこととなっています。


くりすさんのコメント
なるほど。ありがとうございます!

3 ● Baku7770

七味唐辛子のネーミングに限らず、古い商品のネーミングについての由来が今では解らないというのが殆どです。
#a1を補足すると、七味唐辛子とした諸説の中でも六味だと無味に通じる、八味だと蜂味と誤解されるから避けたという説もあります。六味の唐辛子もありましたし、数字としては日本ではむしろ6や8の方が縁起が良いですからね。もっとも、江戸時代からラッキーセブンって普通に使われていたとまで言われたら反論はできませんが(笑)
元々は七味ではなく七色唐辛子だったことと、七味という名前が広がったのは京都の七味屋のおかげということは定説になっているようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/makiplanning/diary/200803030000/


くりすさんのコメント
>> 数字としては日本ではむしろ6や8の方が縁起が良いですからね。 << なるほどなるほど。 無味、蜂味の話はおもしろいですね。

多食斎友好=世田介さんのコメント
一つ少ないと「味が無くなり」、多いと「蜂の味」になる、勉強になりました。 そうすると、私は2つ多いのも作っていた事に、道理で「苦い」のしか出来なかった。(苦味)

4 ● koutarou

>なぜ「七」?
前に新聞に載ってたなぁ?。あぁ、あった。これだ。朝日新聞4月11日付be

「赤唐辛子を2種類と数えれば材料は7種類だから、七味っていうんだね。」と、ののちゃんが言ってますね?


くりすさんのコメント
ありがとうございます。なんで7種類にしたのか、が気になってます。

koutarouさんのコメント
記事によると、はじめは辛みをもつ”赤い唐辛子”を乾燥させた「一味唐辛子」だった。しかし、辛みといっしょに、日本人が好むミカンのような香りなども楽しみたいと考えた人がいた。そこで漢方薬からヒントを得ながら、ほかの原材料を加えたり、焙煎したりして「七味唐辛子」ができた。とありますね。 つまり、日本人が好むミカンのような香りがでて、体にいいとされて広まったのが、7種類のブレンド(七味)だったようですね。調合販売している店舗もあるようなので、六味や八味で調合してみるのもおもしろいかもしれません。

5 ● らいてーう444号

確か・・・、縁起がいいとかじゃなかったですか?

あいまいですみません!!


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ