人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: fmht7
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 29/29件

▽最新の回答へ

6 ● fhtdd
●4ポイント

自分の日常で
できている
なぜなら
自分の24時間(1日)は
自分のやっていることで
作られ
使われていく
そういうことで
できています


7 ● color bar_458
●4ポイント

ある著者の方が、時間とは何かを語って下さいました。
「時間の考え方は、2つある。」と。
1つ目の考え方は、
時間は川の流れのようにあっという間に過ぎ去り二度と帰ってこない」という考え方です。
2つ目の考え方は、
春が過ぎて夏が来ても、また春が来るように時間というものはまた戻って来る」という考え方です。

「Time is money」なんて言葉があるけれど、僕はそんなこと思いません。やり過ごしてしまった時間は、またきっと取り戻せることを僕は信じています。だから僕は1つ目の考え方も勿論正しいとは思いますが、2つ目の考え方も間違ってはいないと思います。


8 ● おやまあ
●3ポイント

時間は、昨日と今日と明日からできているんだよ。そして、昨日と今日と明日がずっと長い間続いていることからできているんだよ。


9 ● 心は萌え
●10ポイント

時間とは物体の運動からできています。

この問題を考えるために、時をなくすにはどうしたらいいか?を考えます。
時をなくす=止めるには 光速で運動させる必要があります。

では、光速で運動させると何が違うのでしょうか?
答えは、物体が 高速で移動する以外の運動ができなくなる。(移動できてしまうと、光の方向に移動することで、高速を超えてしまうから)

つまり、ある物体が移動できない状態(光速で動いているので、世界の時が止まっているわけではない)では時が止まり、移動できる状態では時が進む。
という事で、時をすすめるには物体の移動が必要である。と言えます。

これは、化学反応なども同じで、物体(分子・原子)がより多く移動するほど、化学反応が速く進み時が多く流れているといえます。

物体の移動できる量と時の流れは等価ですので

等価交換の法則に基づき、物体の移動(移動する力、移動できる量)が時であるということが出来ると思います。


10 ● ともーさま
●1ポイント

時間は夢でできている


6-10件表示/29件
4.前5件|次5件6.

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ